連絡手段として、もっともポピュラーになった「LINE」

絵文字やスタンプも豊富なため、楽しくやりとりできるのも人気の理由のひとつですよね。

でも使い方や種類によっては、男性にドン引きされてしまうかもしれません。

そこで今回は、男性ウケが悪い「LINEの絵文字とスタンプ」の使い方をご紹介します。

これはドン引き…男性ウケが悪い「LINEの絵文字とスタンプ」の使い方

無骨な絵文字やスタンプ

「スタンプ自体は女の子らしくていいなと思うんですが、ウケ狙いなのか、無骨な絵文字を使ってくる子はちょっとどうかと思います。

友達同士でふざけて使う分には構わないけど、仮にも異性に送るのはあまりにも色気がないというか……やっぱり女の子にはかわいい絵文字を使ってほしいです」(27歳/保険営業)

ウケ狙いの絵文字スタンプも、男性によってはドン引きしてしまうようです。

おもしろいと思ってくれる男性もいると思いますが、少なからず引いてしまう男性もいるということを考えると、ウケ狙いの絵文字は友達同士での使用に留めておいたほうがいいのかも。

キャラクターのスタンプを連発

「キャラクターのスタンプは、たまに使う程度であればかわいらしいなと感じます。

ですが文章の最後にいちいち付けたり、連発されるとさすがに引きます……。限度ってものを知らない女の子なのかなと思っちゃうかな」(25歳/検査技師)

かわいらしい絵文字も、使う頻度によっては男性にドン引きされてしまいます。

ときに同じキャラクターのスタンプをしつこく連発するのはNG。

いくら気に入っているキャラクターだとしても、適度に使うのが無難です。

ハートの絵文字やスタンプを連打

「付き合ってもないのにハートの絵文字を多用してくる女の子は、なんとなく節操がないようなイメージを持ってしまいます。

ハートだけならまだ女の子だし……と思えるけど、キス顔の絵文字と入れてこられてもどう反応していいのか困っちゃうのが正直なところ。かわいいとかドキッとするというより、単純に引いちゃいます」(24歳/SE)

ハートのスタンプはかわいらしい反面、彼氏でもない男性にたくさん送るのは節操がないと捉えられてしまうことも。

キス顔の絵文字も、同性の友達に親愛の意味を込めて使うのはいいですが、男性に使うのは引かれてしまいます。

彼氏以外の男性への使用は控えたほうがよさそう。

男女でスタンプは変えた方がいいかも

同性の友達とのやり取りで当たり前に使っている絵文字でも、そのまま男性に使用すると引かれてしまうこともあるようです。

また、使用の頻度が多いのも引かれてしまう一因に。

男性とLINEのやり取りとするときは、適正で適度な絵文字の使用を意識する必要がありそうですね。

(愛カツ編集部)