自分磨きをして、身なりも整えているのに、なぜかモテない……という女性っていませんか?

そんな女性は、自分でも気づかないうちに、周りをイラっとさせる言動をしているのかもしれません。

そこで今回は男性から見た、女性の「ドン引き言動」を4つご紹介します。

思わず男性がイラっとする…女性の「ドン引き言動」4つ

自分の話にすり替える

他人が主役で話が進んでいるときに、すぐ自分の話にすり替えるような女性は、要注意。

たとえば「私の場合は○○だったよ」「私なんか、○○で大変だったんだから~」と自分の話に持っていくなど。

どんなに素敵な女性でも、いつも自分中心じゃないと気が済まないような女性は、男女関係なくうんざりされがち。

周りの話にも耳を傾けられる謙虚な女性こそ、真の愛され女性かもしれません。

マウンティングする

どんなに小さなことでも優劣をつけたがる女性は、ドン引きされがちです。

とくに反感を買いやすいのは、相手を褒めているようで、じつはマウンティングをしているような発言。

たとえば「その服似合う!私は華奢すぎて、あんまり似合わないんだよね」とか、「○○ちゃん愛嬌があっていいね!私なんて高嶺の花とか言われちゃってさ」など。

一見褒めているようですが「ん?」と引っ掛かる発言ですよね。

これは、意外と無意識のうちにやっている女性も多いのです。

男性が「あれ、これマウンティングかも?」と気づいたときのドン引き度は、半端ないようですよ。

アドバイスで相手のメンタルをえぐる

アドバイスで相手のメンタルをえぐる

アドバイスって、上から目線の態度になりがちです。

たとえば「○○ちゃんを応援したいから言うけど、そういうところ直したほうがいいよ」、「もうちょっと痩せたらモテるんじゃない?」など。

こんなふうに、励ましているようで相手のメンタルをえぐるような発言は、意外とやりがちです。

さらに、アドバイスは男性のプライドを傷つけてしまうこともあります。

相手の目線に立って、押しつけや、過度な否定をしないように気を付けたいですね。

好意にケチをつける

他人からなにか好意を受けたとき、どんなリアクションをしますか?

もしケチをつけているなら、考えもの。

たとえば「あの子のくれるプレゼント、センス悪いんだよね」、「使えないものもらっても、仕方なくない?」など。

好意の中には、とんでもないものもあるかもしれません。

それでも、他人の好意をありがたく思う気持ちは、忘れずにいたいものです。

内面も磨いて、もっと素敵な女性に!

外見の魅力が通用するのは、最初のうちだけ。

最終的に男性が本命彼女にするのは、内面の魅力がともなっている女性でしょう。

もし今回ご紹介した内容に当てはまったとしても、大丈夫。

誰からも好かれる、真のモテ女性を目指してくださいね!

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)