仕事ではミスが続いて、恋愛も上手くいっていない……。

もしかしたら、負のサイクルにはまり込んでいるかもしれません。

気持ちも運気も落ちているときは、変化を起こすことが効果的です!

今回は、毎日の運気をアップする「ちょっとした行動」をご紹介します。

朝日を浴びる

気分が落ち込んでいるときは、つい寝込んでしまいがちです。

しかし、家を出る時間ギリギリまで、休日は午前中ずっと寝ているという状態は、さらに運気ダウンを引き起こします。

気分が晴れないときこそ、早起きをして朝日を浴びましょう。

太陽光には、脳内物質セロトニンの分泌を促進させる働きがあり、セロトニンは精神状態を安定させる効果があります。

塞いだ気分を明るく変えて、前向きにさせてくれるでしょう。

また、早起きの習慣ができれば、夜更かしや深酒など「負の習慣」を止められるはずです。

お風呂タイムは湯船に浸かる

運気の低下を感じたら、浴槽を掃除してお湯を溜め、ゆっくり浸かりましょう。

そのとき、口をすぼめて細く息を吐きながら、自分の中に溜まる悪いものが全部出ていくイメージを思い浮かべます。

3、4回繰り返すと、頭の中がクリアになり、気分がサッパリするはずです。

体に入れるものを変える

体に入れるものを変える

嫌なことがつづくと、お酒を飲んだり、スイーツや揚げ物を食べてストレスを発散するという人も多いでしょう。

しかし、ストレス発散のために食べすぎたり飲みすぎたりしてしまうと、さらに悪循環に。

ストレスを感じたらお酒やスイーツの代わりに、無農薬野菜や雑穀米を、一口ずつよく噛みながら食べてみましょう。

ツキに見放されてしまうのは、見放されるような心身状態に陥っているということ。

まずは身体の中からスッキリさせることが大切です。

悪循環から抜け出す方法を知ろう

いつも笑顔で幸せそうな人でも、落ち込んだりストレスを感じたりすることはあります。

大切なのは、悪循環にはまり込んだときに、どうやって抜け出すか。

自分に合った、気軽に実行できる開運法を把握していれば、本当に停滞して身動きが取れなくなる状態を回避できるはずです。

(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)