結婚に対する考え方は人それぞれです。

順調に交際を進めていて「早く結婚したいな……」と思っても、彼氏がなかなかプロポーズしてくれないとヤキモキする女性もいるでしょう。

今回は男性たちに「結婚を決めた理由」について聞いてみました。

まずは前編から見ていきましょう。

【前編】意外と現実的?男性が「プロポーズしようと思ったきっかけ」

自分が成長できる

「学生の時からお金の管理が下手で、社会人の今も恥ずかしい話ですがお金の使い方に問題がありました。
しかし、今付き合っている彼女はそれをしっかり言葉にして叱ってくれたんです。
自分でもどうにかしなきゃと思っていたので、自分の短所を一緒に直そうとしてくれる姿にずっと一緒にいたいと感じるようになりました」(20代男性/調理師)

自分のことを叱ってくれる人は、大人になるほど減っていくものです。

そんななか相手の短所を一緒に直そうとしてくれる人は、なかなかいません。

結婚を決意するうえでは、ただ「好きかどうか」だけでなく、一緒に過ごすことで自分が成長できるかどうかも重要なようです。

どんなときも味方してくれる

「今の仕事に就く前、転職を考えている時に年齢の事もあって悩み苦しんでいた僕の傍でそっと寄り添うように支えてくれた妻にとても感謝しています。
あの時、転職を決めそれを伝えた際にも『あなたの人生だから後悔が無いようにしてほしい!』とそっと背中を押してくれたのを今でも忘れません。
いつも感謝してますし、頭が上がりませんね」(30代男性/営業職)

誰にとっても、自分の味方をしてくれる存在は必要です。

この「味方」は、ただ自分に賛同してくれるだけではなく、自分の決断を信じてくれることです。

お互いに信頼し合える関係になって初めて、結婚を意識できるようになるのかもしれません。

結婚は大きな決断

今回は2人のエピソードをご紹介しました。

大好きな彼と結婚したいと考えている女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)

【後編】男性が考える「結婚のプラス効果」って?