いい雰囲気だったのに、結局お付き合いしないままフェードアウトされてしまった……。

そんな経験はありませんか?

もしかしたら原因は、LINEでのやり取りにあるかもしれません。

そこで今回は男性が、がっかりしたLINEをご紹介します。

気になる女性から返信来たけど…男性が【がっかりしたLINE】

デート先について「あ、そこよく行きます」

「グルメそうな子だなと思っていたけど、友達にいろいろ聞いていい感じのワインバーを予約したんです。お店のURL送ったら『そこよく行きますよ!美味しいですよね』と返ってきて、テンション下がってしまいました」(28歳/ゲーム会社勤務)

素直に言ってしまいそうですが、相手は「せっかく頑張って彼女が知らなそうなところを見つけたのに」という複雑な感情でもやもやしてしまったのでしょう。

嘘をつく必要はありませんが、デートの行き先については詳しさをアピールしない方がいいかもしれません。

「お土産いらないです」

「何回かデートしてる子と次に会う約束の前に韓国出張が入ったので『お土産何がいい?韓国って何が名物なのかあまり知らないんだけど』と送ったんです。そしたら、『忙しいと思うし悪いから気にしないでください』と返信が来て、ちょっとガッカリしちゃいました」(26歳/IT関係)

お土産を買ってきてもらうのは悪いと遠慮してしまう人も多いでしょう。

しかし、相手の立場からすると「渡したかったのに拒否された」と感じるかもしれません。

親切にされると「嬉しい」と思うより「悪い」と思ってしまうのは、甘え下手な女性の特徴でしょう。

「そっちまで行きますよ」

「そっちまで行きますよ」

「飲み会で仲良くなった子と一緒にゴルフの練習に行く約束をしたんですよ。『クラブもあると思うし迎えに行くよ』と前日LINEしたら『うち寄ってくと遠回りになっちゃうので、◯◯さんの最寄り駅まで行きますよ』と。確かにそのほうが効率はいいけどさ……」(33歳/飲食店経営)

相手に無駄な動きをさせるのは申し訳ない、と思う女性は案外多いかもしれません。

たとえば「遠回りさせてしまう」のが悪いから断ってしまう、「お店を探してもらうのが悪いから自分で予約してしまう」など。

じつはこのふるまいは、男性の頑張りどころを奪うNG行動です。

もっと頼ってみて!

こんなLINEを送ってしまう女性たちは、「しっかりしなくてはいけない」「迷惑をかけてはいけない」「相手に手間をかけさせるのが申し訳ない」と意識しがちです。

悪いことではありませんが、男性に「俺は頼りない存在なんだ……」と思わせてしまうかも。

相手が提案してきてくれたことは、乗っかっても相手の迷惑になりません。

こう思っておくと甘え下手から脱出しやすくなるかもしれませんよ。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)