直接会って話しているときは楽しそうにしているのに、LINEのやり取りはそっけない男性。

思わず「私のことどう思ってるの?」「怒らせちゃったかな……」と不安に思う人もいるでしょう。

今回は、そんな男性たちの心理を読み解いていきます。

好きな人の態度のギャップに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

会うとやさしいのに…【LINEだけそっけない】男性の本音とは

恋の駆け引きを楽しんでいる

男性のなかにも、LINEで恋の駆け引きを楽しんでいる人もいます。

わざとそっけなく接して、女性の気を引こうとしているのです。

たとえLINEのやり取りがイマイチつづかなくても、自分にだけやさしい場合は脈ありかも!

ただし、女慣れしている男性の場合は要注意です。

「素直じゃないなぁ」と、一歩引いて冷静に見守るくらいがちょうどいいでしょう。本気であれば、彼からデートに誘ってくるなど、進展のためのアクションがあるはずですよ。

LINEをつづけるのが苦手

「LINEで長く会話を続けるのが面倒くさい」「文章を打つのが苦手」と思っている男性は、意外とたくさんいます。

やり取りをしている相手のことが嫌いなのではなく、ただLINEが苦手なだけなのです。

このタイプの男性は、「了解!」「ありがとう」といった短文でも、必ず返信をくれるのが特徴。

無理にやり取りをつづけようとすると、相手の負担になってしまいます。

直接会う機会を増やしたり、電話に切り替えたりするのもいいでしょう。

脈なしなので早く終わらせたい

残念ながら、興味がないので早くやり取りを終わらせたい可能性もあります。

会ったときに優しいのは、異性としてではなく、人として愛想よく接してくれているから。

もしかしたら、他の女性にも同じように接しているかもしれません。

このタイプの男性は、「へ〜」「そうなんだ」と、会話を続ける気のない返信をしてくるか、既読無視をしやすい一面も。

しつこくLINEを送り続けてしまうと逆効果なので、まずは興味を持ってもらえるようにしましょう。

脈なしでも、すぐに諦めないで!

自分磨きに徹してから再会すれば、彼のほうから気にかけてくれるかもしれません。

じっくり距離を縮めよう!

LINEでの対応がそっけないと、不安に思うかもしれません。

だからといって、連絡の回数を増やしてしまうのはNGです。

男性から「しつこい女」だと思われてしまうかもしれません。

焦らず手段や頻度を調整しながら、距離を縮めていきましょう。

(オルカ/ライター)

(愛カツ編集部)