結婚すると、お互いの態度やふるまいに遠慮がなくなってくるもの。

それでも女性のなかには、いつまでも大切にされたいと思う人もいるでしょう。

そこで今回は、男性がいつまでも「愛妻家」でいてくれる心理テクニックについてご紹介します。

ずっとラブラブに!夫が【愛妻家になる】心理テクニック

夫以外の人間関係を充実させる

結婚してから夫ばかりに目を向けてしまうと、人間関係だけでなく視野までもどんどん狭くなってしまいます。

夫婦関係は大切ですが、性別を問わずにいろいろな人との交流も保ちつづけましょう。

友達と過ごす時間を作ったり、新しい人間関係を広げるための行動をしたり。

いろいろな人から得られる情報で、夫婦間の会話もさらに盛り上がるでしょう。

普段は気丈にふるまって、時々頼ってみる

男性は、女性に頼られると力になってあげたいと思うもの。

しかし、あまりにも暗い表情で真剣に悩みを相談されると「手に負えない」と感じてしまう可能性が。

いっぽうで、悩みを抱えているのに笑顔で気丈に振舞っている姿をみると、「放っておけない」と感じてしまい、力になりたいと思うようになるようです。

夫を頼ろうとする姿を見せることで、早く帰宅してくれるようになるかもしれません。

肌や髪のケアを怠らない

付き合っているときに男性がチェックするポイントは、外見です。

でも結婚後は、肌などのコンディションにも注目しているのだとか。

ふっくらした頬や、ぷるんとした唇など、男性にないものに惹かれるのです。

結婚後は、ファッションやメイク以上に肌や髪のケアを念入りに行うといいでしょう。

どんなに忙しくてもスキンケアを欠かさないことで、彼はいつまでも女性として見続けてくれるはず。

夫婦だけの秘密を持つ

心理学的に、秘密を共有した人とは仲間意識を高めやすいようです。

夫婦だけの秘密を持つことで、より強い絆で結ばれるのだとか。

彼を愛妻家にするためには、ちょっとした刺激として、秘密を作ってみるのもいいでしょう。

重要なのは「会話」

結婚生活には、さまざまなかたちがあります。

そのなかでも、もっとも大切なことは会話です。

自分のことを話し、相手のことを聞き、お互いが理解を深めることで関係が発展していくのです。

忙しくても定期的に会話する時間をもつと、自ずと彼も愛妻家になってくれるでしょう。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)