最初は「たくさん愛されてうれしい!」なんて思っていたけれど、だんだん「束縛が激しい……」と悩む女性も少なくないようです。

何気ないLINEのやり取りでも、束縛しやすいタイプかどうかが見抜けたりもするので、付き合う前にはチェックをしておいたほうがいいでしょう。

そこで今回は、「束縛彼氏」によく見られるLINEを紹介します。

「束縛彼氏」がヤバい!こんなLINEをしてきたら注意かも…

「SNSを見たんだけど……」

「さっきTwitter見たんだけど、今渋谷にいるの?」
「今のInstagramに書いてたことって誰のこと?」

このように、あなたのSNSの投稿にいちいち反応をしてくる男性。

あなたのことをいつも細かくチェックしているかもしれません。

それに加え、あなたのことをなんでも把握しておきたいと思っている可能性もあります。

彼女に対して激しく干渉をして、全てを管理しようとする彼氏になる、「束縛彼氏」の可能性も高いです。

好きな人のSNSをついつい見てしまう気持ちはわかります。

ただ、それに対して意見をぶつけてきたり、状況を探ったりしてくることが多い男性は、束縛心が強い傾向があるでしょう。

「あの男、性格悪いよ……」

基本的に他人を批判してばかりいる男性は、ひがみ根性が強かったりもするので、「束縛彼氏」な傾向にもあるかも。

たとえば、共通の知り合いである男性の話をしているときなどに、「あの男、性格悪いよ」なんてよく言ってきたりする男性は、その典型と言えるでしょう。

また、あなたの男友達に対して、敵対心丸出しで批判してきたりするのも、嫉妬心が抑えきれていなからかも。

嫉妬から批判や悪口をくり返すような男性は、いずれはあなたを縛りつけてくる可能性も高いでしょう。

「あの服も着てみたら?」

女性の服装を自分の好みのスタイルに変えさせようとしたり、指定や決めつけをしたりしてくる男性は、「束縛彼氏」な可能性が高いです。

他人をまるで自分の所有物であるかのように扱ったり、なんでも自分の思い通りにさせようとしたりする男性には、注意したほうがいいかもしれません。

「最近〇〇してくれないじゃん」

「最近あまりLINEしてくれないよね」などと、ちょっと責めるかのような男性は「束縛彼氏」かもしれません。

こまめな連絡を義務づけてくるのは、束縛男性が最も取りやすい行動でもあるようです。

毎日のLINEはもちろん、なにかを義務付けてくるようなことがあれば、気を付けたほうがいいかもしれません。

気づけば「彼氏の機嫌をそこねないように……」とがんじがらめになっていく可能性もあります。

「束縛」までいかないように…

もちろん、危害を加えてくる場合は避けたほうがいいかもしれません。

ただ、彼を放置しすぎていたり、彼に全く気を配っていなかったり、あなたの対応ももしかしたら彼を不安にさせている可能性もあるでしょう。

円滑に付き合っていけるように、彼の心のケアもしてあげるといいかもしれませんね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)