いい雰囲気だったのに、気付いたら疎遠になっていた……そんな男性に出会ったことはありませんか?

男性には、一気に恋のときめきが冷めてしまう瞬間があるようです。

油断していると、せっかく近づいていた恋のチャンスを、自分から遠ざけてしまうなんてことも。

そこで今回は、男性が「急に冷めちゃう」女性のドン引き言動を4つご紹介します。

いい雰囲気だったのに…男性が「急に冷めちゃう」女性のドン引き言動4つ

高級店にくわしい

「好きな子を思い切って食事に誘ったのですが、お気に入りのレストランの話になったとき、接待や記念日のときに行くような、高級店ばかり話に出てきたんです。

その日に誘ったお店も、そんな高級店じゃないから恥ずかしくて……。結局、住む世界とか価値観が違いすぎるから、あきらめちゃった」(29歳男性/会社員)

たしかに高いお店は、相応のいい時間と料理が楽しめることも多いでしょう。

でも、「高級店=いい恋愛」ではありません。

デートの時間を素敵なものにするために、お店選びは大切ですが、彼にプレッシャーを与えてしまうのは考えもの。

お店そのものよりも、彼の人となりを知ることを、一番に考えましょう。

スゴイ友だちを自慢する

「最近、気になっていた子と話す機会でができて、わくわくしてたんです。
でもそのとき、SNSでつながっているだけの有名人を、友だちだからと自慢してきて……。なんか急に冷めちゃいました」(32歳男性/接客)

同級生や知人が有名人だと、ついアピールしたくなることってありますよね。

でも、それを伝えることで、その女性自身の価値が上がるわけではありません。

話題が出た際に、軽く触れる程度ならいいでしょう。

ただ、聞いてもいないのに自分から関係を話すのはNG。

あなた自身の魅力で勝負しましょう。

あまりにも恋愛慣れしている

あまりにも恋愛慣れしている

「気になっていた子と、デートでいい雰囲気になってきたとき、女性側から当然のようにホテルに誘われて……。

なんだか恋愛慣れしすぎていて、あれっ?てなっちゃいました。手に入らない感じを楽しみたいんだよなあ……」(31歳男性/エンジニア)

恋愛経験が豊富なのは、決して悪いことではありません。

ですが、相手の男性の様子をうかがいながら、1歩ずつ恋を進めていくことも大切です。

自分なりの、恋愛パターンのようなものが確立しているかもしれませんが、目の前の男性にカスタマイズしていく必要があるでしょう。

他人に見せるための恋愛をしている

「ちょっといい雰囲気になっていた子がいたんですが、デート中もSNSばかり意識していて……。

彼氏がほしいって言ってたけど、理由を聞いたら『SNS見てたら、自分だけ彼氏がいないから』って聞いて、なんだか冷めてしまいました」(28歳男性/製造)

いい恋ができれば自慢したくなりますが、それがないと自分の価値を見出せないなら要注意。

恋をしていても、していなくても、自分らしい輝きがあるからこそ素敵な恋愛ができるもの。

自分のみばえだけじゃなく、この男性のためになにかしたい!と思えるような恋心を大事にしたいですね。

男性が冷めるのは「自分本位」な言動

男性が冷めてしまう、女性の言動には「自分本位である」というポイントが共通しています。

恋愛の基本は、おたがいの内面に惹かれあうこと。

シチュエーションやステータスなど形にとらわれすぎると、自分の魅力がぼやけてしまうかもしれません。

彼の内面にも注目し、気づかうことで、もっと素敵な恋を目指してくださいね!

(橘遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)