彼がクールすぎて、全然ラブラブ感がない。なにを話しても塩対応……。

大好きな彼にはいつも構って欲しいのに……。

そう思っている女性は意外と多いのではないでしょうか。

でも、待っていてもクールな彼は簡単には変わらないかもしれません。

そこで今回は、甘え上手になって彼がついかまいたくなっちゃう言動をご紹介します。

目指せ甘え上手!彼がついかまいたくなっちゃう言動とは

かまうしかないシチュエーションを作る

かまってもらうためにはコミュニケーションの多さは必須です。

静かに黙っていても彼から察して動いてもらえることはありません。

甘え上手になるのはちょっと難しいという人は、コミュニケーションを密に取るという意味で「確認する」という方法もあります。

たとえば、「LINE送ったけど届いた?」「返事っていつくれるの?」など、とにかくこまめに確認するというのもいい方法です。

彼からすれば色々と質問されたら答えないわけにはいかない状況を作るのも手です。

「仕方ないなあ」と思ってもらう

クールな彼には甘え上手の演出をするのがおすすめです。

甘え上手な女性は、結局なんだかんだとかまわないではいられません。

たとえば、「アイスクリームが食べたいなあ」とか、「今夜はあなたと電話したいの」とか、彼にいろんなアクションを求めます。

それだけコミュニケーションの数が多いのです。

彼も全てを叶えてくれないとしても、彼女に何度も何度も甘えられたら、そのいくつかは「仕方ないなあ」って返さないわけにはいかないでしょう。

彼の「仕方がないなあ」という気持ちを上手に利用して、たくさんかまってもらいましょう。

はじめはクールでぎこちなかった彼も、そのうち、それが普通になってきますよ。

いじられキャラになる

自然と彼がかまいたくなるようにしむけたいと思ったら、いじられキャラを演じるのもいいでしょう。

ボケてみせて彼が突っ込みたくなるように仕向ければ、自然と彼もあなたをかまってくれるでしょう。

いじられキャラはドジっ子でもあります。

わざと彼に頼まれたものを間違えて買って帰るようにすれば、もしかしてまたミスるかもと思って、彼は何度もあなたに確認しなくてはいられなくなるかもしれません。

鈍感な男性には自分からアクションを!

多くの場合、男性は鈍感な生き物です。

彼女がかまってくれなくて寂しい思いをしているなんて考えもしないものです。

彼にかまってほしいときは、自分からリアクションを取らないと気づかないもの。

話し合うもの手ですが、演出することも考えてみてはいかがでしょうか。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)