LINEの絵文字は通常のスタンプとは違い、文中でも使えるところが大きな特徴の一つですよね。

種類も豊富で、いっそうLINEの文章もデコレーションしやすくなっています。

そこで今回は、男性に効果的なLINEの絵文字の使い方をご紹介します。

彼をキュンとさせる!効果的なLINEの絵文字の使い方って?

スタンプのように使う

「好きな子から来たLINEで、文章のなかにもいくつか絵文字が入っていたんだけど、ハートの絵文字だけあえて別に送られてきました。大きく表示されたハートにすごくドキドキして、次会ったときに告白するって決めた瞬間です」(28歳/広告系)

絵文字は、ひとつだけで送ると、スタンプのように大きく表示されますよね。

彼に伝えたいことがあるけれど言葉にするのは恥ずかしいとき、わざと絵文字を強調させるように送るのもいいかもしれません。

絵文字は種類も多いので、さまざまな感情もしっかり表現できそうです。

彼の好きなキャラクターの絵文字を使う

「俺がアニメ好きなのを知っていて、デートの前にそのアニメの絵文字とともに『今から行きます』と送ってきた彼女!ますます好きになりました」(30歳/IT系)

「彼女といっしょにRPGのゲームをプレイしていますが、そのキャラクターの絵文字と『ゲット』の3文字だけで送ってきたとき、分かり合えているような気がして嬉しかったです」(25歳/自動車関係)

絵文字には、キャラクターものもたくさんあります。

彼が好きなキャラの絵文字が見つかったら、迷わずダウンロードしておきましょう。

大事なメッセージは絵文字で囲んで送る

「誕生日のメッセージっていろんな人が送ってくれるけど、ひとりだけ絵文字で囲んでくれてた子がいて印象に残りました。一生懸命送ってくれたんだなぁって、ほんわかしたのを覚えています」(26歳/医療系)

絵文字を使えば、昔のデコメっぽいメッセージを作ることもできますよね。

たくさん装飾したLINEを日常的に送ると彼も疲れるかもしれませんが、お誕生日など特別な日にはむしろ喜ばれるようです。

義理で送ったものとはひと味違う、心のこもったメッセージになります。

LINEの絵文字で彼をドキドキさせて!

ハートでちょっとドキドキさせたり、言葉だけでは表現しきれない感情をあらわしたり、絵文字は彼とのコミュニケーションを円滑にするお助けツールとなりそうです。

パッと見もかわいくなるので、簡単に女の子らしさも出せますよね。

上手に使って、彼の心をガッシリつかみましょう。

(愛カツ編集部)