恋愛もマンネリしてくると、お互いの関係も冷えてきます。

最初のころに比べてデートも連絡もめっきり減ったし彼の態度も冷たく感じて、運命の相手なのかどうか自信が持てなくなった、ということもあるでしょう。

そこで今回は、彼氏が冷たいときの本音をご紹介します。

もう好きじゃないの?最近冷たい彼氏の本音

一見冷めていても…

じつは、恋愛当初より熱の冷めたというカップルのなかで、もう彼女とは別れたい、彼女のことが嫌いになったと思っている男性は半数ぐらいと言われています。

言い換えれば、残りの半数は特に別れたいと思っているわけでも、彼女のことが嫌いになったとも思っていないんですね。

ほかに好きな人ができて彼女と別れたいと思っている、彼女のことが嫌いだから別れたいと思っているという男性の恋愛をリカバリーするのはほぼ不可能です。

もう気持ちが完全に離れてしまっているわけなので、一度くっついても、また同じことを繰り返してしまうでしょう。

しかし、残りの半数は、基本的にリカバリーは可能です。

ここでは彼女と別れたいと思っていないのに、冷たい態度をとる男性の心理について考えていきます。

ちょうどいい距離感だと思っている

昔に比べて連絡やデートの回数が減ったというカップルのなかには、最初の頃のラブラブはやりすぎで、今ぐらいの距離感がちょうどいいと思っている人が多くいます。

付き合い始めは、仕事もプライベートもそっちのけで恋愛だけに生きていたけれど、ずっとそれは無理って思っている男性も。

こんな男性はあなたが悲しい思いをしているのに気づいていないと思います。

まずは、あなたの気持ちをちゃんと話してみましょう。

彼の本音が聞けるだけでもずいぶんと落ち着きますよ。

余裕がない

昔に比べて連絡やデートの回数が減ったと自覚している男性のなかには、自分自身に余裕がないという人もいます。

仕事が忙しすぎて常に気を張っていたり、ノルマに追われたりして、彼女のことなんて気にしていられないという人も。

なかには彼女はなんとなくそのことを察してくれている……と思っている人もいます。

彼が何に気を取られているのか、仕事の状況はどうかなど、ちょっと観察してみるといいかもしれません。

また、彼からの誘いを待たずに、あなたから積極的に誘ってみるのもアリ。

彼の案外、時間を作って遊びに行く暇がないだけなのかもしれませんよ。

ラブラブ期が過ぎても…

恋愛当初はラブラブでも時間と共に恋愛温度も下がってくるものです。

それはどんなカップルでも同じでしょう。

案外、彼はあなたが思ってるほど深く悩んでいないかも。

まずは彼に今の気持ちを正直に話してみましょう。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)