はじめはラブラブだったのに、日が経つにつれて、だんだんと2人の関係がマンネリしてくるのはよくあること。

そのロジックは単純で、はじめはお互いが未知の存在で、知りたい欲求、興味で溢れていても、知っていくにつれて、その欲求や興味が反比例するから。

でも、そんな環境下でも長年愛を育んでるカップルっていますよね。

そこで、そんなカップルたちに「ずっと仲良しでいられる秘密」を聞いてきました。

長続きカップルに聞いた!ずっと仲良しでいられる秘密とは?

ときどき手紙を書く

長く付き合っていると、付き合いたての頃とくらべ、お互いの愛を確かめる機会が減りがち。

そんなときは、普段は恥ずかしくて言えないような気持ちを、手紙にしたためてみると良いのだとか。

便利なLINEではなく、あえての手紙です。

手紙の良さは、その人の字から温かみや愛情を感じとりやすいということ。

1年に1回程度でも、手紙をプレゼントすることで、愛情の鮮度を失わないためのスパイスになるはずです。

頻繁に愛を確認しあわない

ときどき愛を確認しあうことは、必要です。

ただ別れる恐怖や、相手への信頼感の薄さのために頻繁に愛を確かめあうのは、まだこの先が不安だということ。

そのため、付き合いたての頃とくらべて、ドキドキ感が減ること自体は問題ではありません。

そのドキドキ感よりも、安心感や信頼感が勝ってきたときにこそ、2人の安定期の始まりと言えるのでしょう。

束縛しないように意識する

束縛しないように意識する

長続きカップルは、束縛しないよう意識しているのだとか。

束縛しない理由は様々です。

たとえば、「パートナーが裏していることに、興味がない」「スマホ見ても、良いことなんてなにもないから見ない」「女々しい自分が嫌になるから」「自分が束縛されたくないタイプだから」など。

どんな理由であれ、束縛しないように意識することで、ケンカの原因が減ったことも、長続きにつながっているようです。

会わない時間を作る

思い切って会わない時間を作るのも、1つの方法です。

もちろん、期限を決めて。

いつも一緒にいることが当たり前になると、お互いが自分にとってどれだけ大事な存在なのかが、わからなくなるものです。

そのため、あえて会わない期間を作ることで、気づかされることも多いよう。

一種の賭けのような面もありますが、マンネリ化した関係をリセットし、また新鮮な気持ちで向き合えるかもしれません。

干渉しすぎないベストな距離感を探して!

長続きカップルの秘密に共有しているのは「干渉しすぎない」ということ。

お互いの行動について考えすぎると、ケンカも増えがち。

冷静に意見を交換しあえるならいいですが、気を許しているがゆえに、ケンカではつい言いすぎてしまうこともありますよね。

干渉しすぎない、ちょうどいい距離感をお互いに探ってみてくださいね。

(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)