年齢を重ねてくると、「キレイなお姉さん」になるのか、「残念なおばさん」になるのか……気になる方も多いのではないかと思います。

そこで今回は、実際に男性からその「違い」について聞いてみました。

彼らは、どんなところを見て「キレイなお姉さん」と「残念なおばさん」を分けているのでしょうか……?

「キレイなお姉さん」と「残念なおばさん」の違いはどこにある?

恥じらいがあるかどうか

「セール品を奪いあったり、値引き交渉したりとかを見ると、おばさんは恥じらいがないような気がする。
年齢を重ねても、恥じらいをもって行動する女性は『憧れのお姉さん』って感じ」(24歳男性/販売)

人目が気にならなくなって大胆な行動ができるのは、年を重ねたからこその強み、なのかもしれません。

でも、あまりにも恥じらいがなさすぎる行動は、とくに年下の男性からは「おばさん」認定されてしまうかも……。

女性としての恥じらいはなくさないように、美しく年齢を重ねていければ、「キレイなお姉さん」になれます。

話の内容

「『どうせおばさんだし』とか『最近の若者は……』とか言う人いますよね。
もうその時点で『あ、そっすね。おばさんっすね』って思います。
なんていうか、あーもうこの人、自分で自分あきらめてるんだなーって思えちゃって……」(25歳男性/事務)

たしかに、ある程度の年齢を重ねると、自分で自分にあきらめをつけたり、自分の向上心を失ったりしてしまうこともあります。

時には、後輩のことを「最近の若者は~……」なんて、冗談半分でお説教したくなることもあるでしょう。

しかし、それでは自分で自分を「おばさん」にしてしまっているのと同じこと……。

年齢相応の経験は大切にしながら、後輩から見た「頼れるしっかり者のお姉さん」の態度で話をしたいですね。

見た目

「やっぱり見た目ですね。しわがあるとか、そういのは別に気にならないっていうか……
それよりも髪がぼさぼさだったり、すっぴんで出歩いてたりとか、全然身だしなみに気遣ってない感じだと、おばさんだなって思います。
おんなじ人でも、化粧してばっちり服決めてるときは『お姉さん』になりますし」(26歳男性/美容師)

年齢を重ねると、楽な格好や地味目のファッションを選んでしまいがち。

でも「同じ年代の女性を、おばさんとお姉さんに分ける違いはまず見た目から」という男性の意見は多いものでした。

外出時にはきちんとお洒落をして出かけるようにしたいものですね。

ただし、あまり若作りなメイクやファッションを続けるのも、ある意味おばさんっぽいのでご注意を!

キレイなお姉さんを目指そう!

見た目はもちろん、話の内容や恥じらいの有無など、年下男子がおばさんとお姉さんを区別する要素は多岐にわたります。

自分自身が「キレイなお姉さん」でいようとするかどうかが、普段の行動に現れてくるのかもしれません。

少し大変かもしれませんが、できる範囲で、年齢相応の美しさを目指したいですね。

(愛カツ編集部)