気になる彼との距離を縮めるために、LINEを用いる女性も多いでしょう。

だからこそ、LINEでは相手に好印象を与えたいもの。

そこで今回は、好感度バツグンの「モテLINE」の特徴を5つご紹介します。

彼との仲をもっと縮めたい!好感度バツグンの「モテLINE」の特徴5つ

自分の話で完結させない

モテLINEは、自分の話のなかに彼の興味のわく話題を含めたり、質問をしたりする、という工夫がポイント。

たとえば、「原宿で超カラフルなアイス食べた!かわいかったよ~」という話題の場合。

この内容だけだと、男性には「それがどうしたの?」と思われがち。

そこで、この文章をこんなふうに変えてみましょう。

「原宿でアイス食べてきた!男の人はドン引きの色合い(笑)〇〇くんって原宿行くことある?」など。

このように「男性から見たらこう思うだろう」という内容を入れましょう。

そして、ちゃんと男性が答えやすいような「YESかNOで答えられる質問」を入れることで、次の話題に話をつなげやすくなります。

絵文字は適度に入れる

絵文字はとても大切です。

文章だけだと気持ちが伝わりづらく、つい事務的なLINEになりがち。

そこで、文末にかわいい絵文字を付け加えてみましょう。

しかし、うっかりすると「好き」があふれて、絵文字が多くなることもあるので気をつけてくださいね。

絵文字たっぷりのメッセージは、ものすごくボリュームのある内容になりがちですから。

彼の絵文字の使用頻度に合わせてもいいかもしれませんね。

へこんでも前向きに変換

へこんでも前向きに変換

彼とまだ仲が浅いうちは、ネガティブLINEを連投すると、男性がうんざりしてしまうことがあります。

たとえば、仕事で失敗したとき「朝から失敗続き……。もう絶賛へこみ中」と送信するなど。

共感してほしい、慰めてほしいという気持ちも分かりますが、このようなネガティブLINEは、もう少し関係が進展してからがオススメ。

どうしても彼に励ましてもらいたいときは、「朝から失敗続きだけど、おいしいランチで気分を上げてる途中(笑)」など、前向きな様子を伝えてみましょう。

そんな様子に、彼も応援したくなるかもしれません。

返信スピードを彼と合わせる

モテLINEは、返信スピードが相手にとってちょうどいいのです。

駆け引きで既読スルーばかりしたり、反対に即返信したりしません。

とくに相手に「好きバレ」したくない場合は、彼の返信スピードに合わせるのが無難でしょう。

ネット用語を多用しすぎない

「くそワロタ」「草」「ww」などのネット用語は、一部の男性から拒否反応されるリスクがあります。

そのため、気になる彼とのLINEでは使用しないのがベター。

友だちとのラフな会話の中だけにとどめておきましょう。

関係によっては、素を出しすぎないという方法も

気になる彼との関係がまだ浅いうちは、自分の素の部分をあえて隠すというのも、ひとつの方法です。

付き合う前からLINEで相手のほとんどが分かってしまうと、飽きてしまう男性もいます。

今回ご紹介したことを生かしながら、気になる彼との距離をグッと縮めてくださいね。

(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)