多くの男性は、本気で好きな女性に対して、実際の態度や言動だけではなく、LINEでの対応も変わってくるようです。

とくに、「本命」と「遊び相手」に送るLINEには、大きな違いが出るもの。

あなたの気になる彼は、あなたに対して、どんな思いを持っているのでしょうか?

LINEの文面から、その本音を見ていきましょう。

本命?遊び?「LINEの違い」で見る男性の本音!

たわいのないやりとりでも続く

男性の多くはLINEをあくまでも「連絡ツール」としてとらえているため、会話をするよりも、用件を伝えるために活用していることも多いようです。

ですので、ダラダラと意味もなく無駄に長話をしたりするのは、苦手なことも珍しくはありません。

ただ、相手が本気で好きな女性であれば、話は別。

とくに中身がないやり取りでも続くようであれば、あなたと会話をしていること自体が楽しくて仕方がないという状態なのでしょう。

そうでない場合は、あくまでも遊びなのだと思います。

肯定する

ほとんどの男性がそうだと思いますが、好きな女性に対しては好意的な態度で接するもの。

「ほめる」ことも多く、それ自体が好きアピールのひとつでもあります。

ただ、あからさまに「いつもかわいいね」なんて軽い言葉を口にする場合は、遊びの可能性も高いと思います。

遊び慣れている男性なら、ほめれば女性の心をつかめる、ということがわかっているので、ほめ攻撃を仕掛けてきたりもするもの。

むやみにほめるのではなく、「そういうのいいと思う」とか「いつも頑張ってるよね」などと、サラッと肯定する言葉をかけてくれる男性こそ、本当にあなたのことを思ってくれている人ですよ。

急な呼び出しの有無

急な呼び出しの有無

「今から出ておいでよ」とか「近くで飲んでるから来て」などと、いつも急にLINEで呼び出されるのであれば要注意。

本気で思っている女性に対しては、男性はそんな軽い誘い方はできないもの。もっとちゃんとしたデートを計画しようとするはずです。

前もって予定を組んだりはせずに、自分の都合のいいときにばかり声をかけるのは、遊び相手やキープの相手にだからこそできることだと思います。

過激な下ネタを言うかどうか

本気で好きな女性に対しては、男性もなかなか下ネタを言ったりはできないもの。

しかもそれがLINEでの会話となったら、文字で残ってもしまうので、さらに言いにくさは増すはずです。

ちょっとした笑える軽い下ネタならまだしも、生々しいトークを繰り広げてくることが多い場合は、あなたを遊び相手としか見ていない可能性も大。

「遊び目的の相手」という認識が強いからこそ、会話をしているときには下ネタばかりが頭に思い浮かんでしまうのでしょう。

見極めるポイントは「軽さ」

男性は恋愛には臆病であったりするので、本気で好きであればあるほど、慎重さも増していきやすいです。

あまりにも軽い内容のLINEが送られてくるのなら、それはちょっと注意が必要かもしれません。

本気で好きな人相手だったらどうするかは、男女でそこまで大きな違いはないと思います。一度「自分だったらどうするか」に当てはめてみるのもよいでしょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)