いい雰囲気になるけど、なかなか交際までたどり着けない。

「私のどこがいけないの?」と思っている女性もいるのでは?

今回は、男性と仲良くなってもなかなか付き合えない女性の特徴についてご紹介します。

相手の素をすれば知るほどに、友達としか見られなくなります。

時間にルーズすぎる

メイクやファッションは楽しみたい!

だからといって、約束の時間から遅れてしまうのはNGです。

友達だったら「じゃあ先にみんなで飲んで待ってるよ」と対応できますが、付き合うとそうはいきません。

予定時間より前に到着している女性と、いつも遅刻する女性では、全然印象が違います。

遅刻がつづくと、相手に迷惑をかけるだけでなく、「俺とのデート楽しみにしてくれていないんだな……」と思わせてしまうでしょう。

オープンすぎる

好きな人と一緒だと、つい楽しくなって過去の恋愛や愚痴などを話がちです。

自分をもっと知ってほしいという思いから、そうなってしまうのでしょう。

しかし男性は、相手の素をすれば知るほどに、友達としか見られなくなります。

好きな人相手にはなるべくミステリアスさを意識して。

興味を持ってもらえるようにしてみましょう。

自分大好き感がにじみ出ている

自分大好き感がにじみ出ている

自分大好きな雰囲気がにじみ出ている女性も、男性にとっては彼女として選びにくいようです。

筆者の知り合いの男性も、「最初はかわいくて狙っていた女友達がいたんだけれど、『見た目は結構褒められるんだよね~(笑)』とか、『おごってくれる男じゃないとムリ!』とか、上から目線のセリフが多くて冷めた」と言っている人がいました。

プライドの高さは、感じさせない方がいいでしょう。

それでも自分大好きなのであれば、中途半端に謙遜せず、逆にキャラとして振り切っちゃったほうが良いかも。

その方が男性も扱いやすいし、個性的なキャラがハマる場合もありますよ。

恋愛対象外からの挽回は難しい

一度、恋愛対象外になってしまうと、いくらアプローチしても恋愛関係には発展しにくいです。

だからこそ小出しにしつつ、自分を見せていきましょう。

そうすることで身近な異性と恋人になれる可能性も出てきますよ。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)