20代と30代では、アピールすべき魅力が変わってきます。

若い頃と同じ恋愛テクニックを使っていると、空回りしてしまう可能性が大きいでしょう。

今回は、30代女性がやりがちなNG行動についてご紹介します。

20代はOKでも…30代女性は避けるべきNG恋愛テクニック

1.ボディタッチ

ボディタッチは、男性に自分を意識させるのに効果的なテクニックです。

しかし、30代からは慎重に!

大胆すぎるボディタッチは、男性に「ギラついている」と思われてしまうかも。

あからさまな色気アピールやボディタッチは、避けるようにしましょう。

ベタベタ触らず、当たるか当たらないかくらい控えめにした方が、男性もドキっとしやすいでしょう。

ボディタッチは異性だと意識させるモテテク。

でも、30代からは慎重に行うべきです。

2.恋愛初心者アピール

恋愛初心者アピールは、20代の頃は良くても、30代になると少し危険です。

ずっと恋愛から遠ざかっている女性と思われやすく、かえってマイナス印象を与えかねないのです。

また、「いい大人なのに、恋愛経験がないのはなにか原因があるのでは?」と、不安に思わせてしまうことも。

もし、恋愛状況を聞かれたら「最近は、恋してないかな~」くらいの返答にしておきましょう。

3.彼のお世話

3.彼のお世話

彼のだらしない部分が気になり、つい身の回りのお世話をしたくなる女性もいるでしょう。

しかし、あれこれお世話されてしまうと、男性にとって「母親」っぽいと思われてしまうかも。

家庭的な一面をアピールするのも大切ですが、おせっかいにならないように注意しましょう。

彼に頼まれたらお手伝いする、というスタンスがちょうどいいかもしれません。

4.アドバイス

20代よりも豊富な人生経験を積んできた30代。

しかし、軽々しく仕事や人生のアドバイスを彼にするのはNGです。

相手のことを思った意見だったとしても、男性のプライドを傷つけてしまったり、上から目線のように思われたりするかも。

頼れる女性だと思われるどころか、「えらそう」「自分を認めてくれない」と、苦手意識を持たれる原因となってしまいます。

男性にアドバイスするのは、意見を求められたときだけ。

また、「私の勝手な意見だけど……」「〇〇くんなら、どの選択肢でも大丈夫だと思うけど……」と、謙虚で肯定的な言葉とともに、自分の考えを伝えるといいでしょう。

恋テクにおぼれないで!

30代からの恋愛は、テクニックに走らず、等身大の自分をアピールできるといいでしょう。

そうするためにも、いまの自分に自信を持って!

年齢相応の魅力に、男性もドキッとするはず。

焦らずゆっくり、素敵な大人の恋愛を見つけていきましょう!

(白藤やよ/ライター)

(愛カツ編集部)