なんとなく彼の態度が今までと違っているように感じるけれど、気持ちが離れてるのか不安になりますよね。

そこで今回は、男性の星座別に「彼の気持ちが離れたときのサイン」を占ってみました。

チェックして、ぜひモヤモヤを解消してください。

前編に引き続き、後編のご紹介です。

【後編】男性の星座で占う!彼の気持ちが離れたときのサイン

てんびん座(9/23~10/23)

……自分本位になる

争いごとを嫌うてんびん座の男性。

気持ちが離れているときのサインは「自分本位になる」です。

それまでは相手に合わせてくれることが多かったのに、気持ちが離れてしまうとその気持ちがなくなるため「こうしたいんだけど」と強気な発言になるうえ、譲らなくなるでしょう。

さそり座(10/24~11/21)

……過去のことをネチネチ言う

好きな相手には一途になるのがさそり座の男性。

しかし、気持ちが離れてしまうと、ケンカしたときに過去のことを持ち出して「いつもそうだよね」「この間もそうだった」などの言葉が増えます。

さそり座の特徴である、執念深さが出てしまいがちに。

いて座(11/22~12/21)

……無視をする

好奇心旺盛で、思ったら即行動のいて座の男性。

好きな人に対してはテンションが高く、レディーファーストをしてくれるのが特徴です。

ただし、気持ちがなくなったら話は別。

デートの約束をドタキャンして友達と会ったり、連絡を未読無視したりなどの行動が増えるでしょう。

やぎ座(12/22~1/19)

……身内を関わらせない

保守的なやぎ座の男性は、恋愛=結婚の図式が頭のなかにありがちです。

そのため、気持ちが冷めてしまうと将来に対する話も出なくなります。

さらに、友達や家族の話もしなくなる場合も。一緒にいて友達にばったり会ったとき、さっと離れたら要注意です。

みずがめ座(1/20~2/18)

……スキンシップが少なくなる

フランクさが魅力のみずがめ座の男性。

誰にでも同じ態度で接するので、気持ちが冷めているサインはわかりにくいでしょう。

ですが、手を繋がないなどのスキンシップが少なくなったときは要注意。

関係性が恋人から友達に戻ってしまっている可能性が高いのです。

うお座(2/19~3/20)

……連絡がなくなる

甘えたがりで寂しがり屋のうお座の男性。

気持ちが冷めたときに見せるサインは「連絡がなくなる」です。

デート後、感想メールが来ていたのに来なくなった、メールやLINEで頻繁にやり取りをしていたのに、既読無視が多くなった……など、わかりやすいでしょう。

彼の気持ちは冷めている?

気持ちが冷めたサインには、それぞれの星座に特徴がありますので、ぜひ把握しておいてください。

そして、サインが見えても慌てないこと。

相手がなぜ冷めたのかを冷静に考えてから、改善できるところは改善して行動しましょう。

(マーリン・瑠菜/占い師)

(愛カツ編集部)