彼女の写真をやたらと撮りたがる男性っていますよね。

「いやだ」と断っても、「いいじゃん」といった感じで諦めてくれない……。

女性からすると、「そんな写真なにに使うの?」と思うことでしょう。

そこで今回は、男性に「彼女の写真」をどう使っているのか、聞いてみました。

いつも撮ってくる彼の本音は?「彼女の写真」はこう使う!

仕事のモチベーションを保つ

「彼女の写真を持ち歩く理由……俺の場合、仕事のモチベーション維持ですね。

取引先から理不尽なイヤミを言われたり、上司のミスを俺のせいにされたりなんてこともあるので、そんなときに彼女の写真をコッソリみてがんばろうって励みにしてます」(26歳男性/金融)

仕事でイヤなことがあったとき、「なんでこんな仕事してんだろ」と思った経験は、だれしも一度はあるはず。

ですが「彼女との未来のためだ」と思えたら、イヤなことも耐えられます。

ちなみに、こういう写真は旅行先で撮ったツーショットなどよりも、日常的なふとした瞬間の彼女の横顔とかの方が効果的だったりするんですよね。

友人に自慢するため

「僕の場合はよく『彼女の写真見せろよ』って言われるんで、そのために一枚は撮っておきますね。

かわいい彼女とかだと自分から自慢したくなるときもあるので、『これ、俺の彼女』とかって自慢して、友達からひんしゅくを買います。けど、見せます」(27歳男性/広告代理店)

これはあるあるではないでしょうか。

友達に恋人ができたら、どんな人か気になって「写真ないの?」なんて言ってしまいますよね。

できればコッソリと撮るのではなく、納得のできる一枚を撮ってもらいたいもの。

なので彼女の方から用意してあげるのも、ひとつの手かもしれません。

彼が撮ったものよりも盛れた写真でしょうから安心できますね。

彼女をからかうため

「俺は彼女の寝顔とかをコッソリと撮るのが好きですね。起きたときに彼女に見せるんですよ。

そうすると『え!ちょっとやめてよ!』とか言って大騒ぎするんですよ。それが超たのしくて、からかうために撮っちゃいますよね」(28歳男性/飲食)

寝顔をコッソリ撮られてからかわれたことのある人、いますよね。けっこう多いような……。

こういう男性は、イヤがる反応を見るのがたのしくて、どんどんエスカレートしていきます。

本当にイヤな場合は無視するか、無反応でスルーするといいでしょう。

会えないときの気分転換

「会いたいけど会えないときってあるじゃないですか。予定が合わないとか、仕事がいそがしくて時間がとれないとか。そういうときに彼女の顔写真をみて、会いたい気持ちを我慢するわけです」(Yさん/26歳男性)

会いたいと思っても会えないときはよくあります。

社会人ともなればなおさら。

しかし、会いたい気持ちを無理に抑えつけることもむずかしい。

そんなときは、彼女の顔写真をみて我慢するというわけ。

「顔写真送って」なんてLINEがきたら「お仕事がんばって」といったメッセージと一緒に、顔写真を送ってあげると、あなたへの愛も深まるはずです。

彼女の写真に元気付けられているみたい

今回は、彼女の顔写真を撮る理由についてご紹介しました。

男性は彼女に、自分の弱い姿は見せたくないもの。

「なにに使うの?」なんて聞いても「別に」なんていって、強がっているだけ。

そんなときは、この記事の内容を思い出してみてください。

彼がどんな用途にその写真を使うのか、そのヒントになるかもしれません。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)