多くの人には「表の顔」と「裏の顔」があります。

意中の彼や彼氏の裏の顔ってご存知ですか? 

表の顔と裏の顔、どちらも愛せるかどうかが、付き合ってから長続きするかどうかの分かれ目。

できるだけ早く知っておく方がいいです。

そこで今回は、あなたが知らない彼の「裏の顔」を12星座別に占いました。

前編に引き続き後編として、てんびん座(9/23〜10/23)~うお座(2/19〜3/20)をご紹介いたします。

【後編】男性の星座別!あなたが知らない「裏の顔」とは?

てんびん座(9/23~10/23)

【だらしない】

いつもジェントルな振る舞いで、身だしなみに気を遣っているてんびん座男性。

美意識が高そうですが、それは表の顔で、家ではだらしないという一面を持っているかも。

さそり座(10/24~11/22)

【ネガティブ】

プライドが高く、向上心があり、とても真面目なさそり座の男性。

一見前向きで強く見えますが、実際のところ結構ネガティブ……。

人知れずあれこれウジウジ悩んでいたりします。

いて座(11/23~12/21)

【マウントをとりがち】

勉強家で開放的なタイプの射手座の男性。

さっぱりした性格と思いきや、見栄っ張りな部分がありそう。

しれっとマウントを取って、周囲をピリつかせることも。

やぎ座(12/22~1/19)

【かまってちゃん】

仕事人間が多いやぎ座の男性。

孤独に強いともいわれますが、案外かまってちゃん。

ただ、感情をうまく表現できないので、素直にかまってアピールをすることは苦手かも。

計算ずくのかまってアピールになってしまい、魅力的に感じられないかも。

みずがめ座(1/20~2/18)

【束縛気質】

自由主義者なところがあるみずがめ座の男性。

自分の自由のために相手の自由も尊重するタイプですが、恋愛となると、けっこう束縛しがち……。

自分は束縛なんてされたくないけど、相手の行動が気になってしょうがないタイプかもしれません。

うお座(2/19~3/20)

【愚痴っぽい】

素直で優しいイメージが強いうお座の男性。

ですが結構腹黒く、裏では愚痴っぽかったりします。

なにか嫌な思いをしたら結構引きずるうえに、誰かに共感して欲しがるので、つい愚痴っぽくなってしまいそう。

二面性を受け入れよう

意中の彼や彼氏の裏の性格はどうでしたか? 

絶対に当てはまるワケではありませんが、比較的そのような傾向は高め。

二面性を愛せる自信があるのなら、その恋は突き進む価値がありそうです。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)