年上女子に憧れを持つ男子は多くいます。

しかし、年上というだけでは、ずっと愛される魅力として足りないところがあるでしょう。

ずっと年下の彼とうまくやっていくためには、年下男子の気持ちを理解するのが大切です。

今回は、「年下男子」にいつまでも好かれるためのポイントをご紹介します。

【愛され女子の4ヶ条】「年下男子」にいつまでも好かれるコツとは?

相手に無理して合わせない

年下男子に「気に入られたい」という気持ちが強くなると、つい無理をして合わせてしまうことがありますよね。

若い人が好みそうな格好したり、若者カルチャーを取り入れようとしたりもするかもしれません。

それは別に悪いことではないでしょう。

しかし、必要以上に無理をしすぎると痛々しさや若作り感が出てしまう可能性があります。

自分らしさや年相応の大人っぽさをきちんと持っている人の方が、相手も確実に魅力的に感じるはずですよ。

リードしようとしない

年下男子と一緒にいるときに、自然と自分がリードする形になることはありませんか?

その場合、過剰にリードをするのは控えた方がいいでしょう。

あからさまに年下扱いをしたりすると、男子のプライドを大きく傷つけてしまう可能性があります。

また、お金をいつも出してあげたりするのも、男子を「ヒモ化」させることになる危険があるでしょう。

相手に適度に主導権や決定権を渡して、あなたは陰でリードをしたりサポートをしたりすると、相手もかなり心地良さを感じるはずですよ。

大人っぽい面と子供っぽい面を見せる

年上女子には、「大人」の部分を男子は求めている傾向があります。

年下男子は、大人のカッコ良さや色気、余裕を感じると、憧れや好意を強く抱くことがあります。

さらに、「子供っぽさ」や「純粋さ」も入れ込むことができると、そのギャップにメロメロになるはず。

「大人」と「子供」であったり、「余裕」と「甘え」といったものを、バランス良く両方持ち合わせていたら……。

その振り幅の大きさにハートをつかまれるはずですよ。

年齢差を気にしない

年下男子と接する際には、どうしても年齢のことが頭には浮かぶことがあるかもしれません。

でも、「年上なのに」とか「年下だから」といったことにとらわれすぎると、お互いに一緒にいても気疲れしてしまうだけ。

年齢どうこうよりも、ひとりの人間として交流を深めていくと、年齢差は大きく気にはならなくなるはず。

考え方の基準を「年齢」には置かなければ、変に引け目を感じたり遠慮をしたりもしなくて済むので、対等な関係性も築けるでしょう。

気になる年下の彼に愛される人になろう

年齢差があったとしても、あまりそれを気にしすぎないのが大事です。

必要以上にとらわれずに、2人の関係を素直に楽しむのが、いつまでも一緒にいられる大きな秘訣ですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)