一度も言葉を交わしたことがないけど、なんとなく気になる……そんな男性がいたことはありませんか?

たとえば同じ会社だけど違う部署の人、ときどき行くお店の店員さん、いつも同じ車両に乗っているあの人……。

いずれのパターンにしろ、大前提として相手は「あなたを認識しているかわからない」ということです。

そこで今回は、関係性がなくてもできる、気になるあの人へのアプローチ法をご紹介します。

関係性がなくても!気になるあの人へのアプローチ法

まずはアイコンタクトから

あなたは一方的に彼のことを知っていたとしても、彼はあなたのことを知らないことがよくあるものです。

ここは確実にあなたの存在を彼に認識させることが第一歩。まずは何回も彼と接触をはかるということです。

ただ間違っても、彼があなたのことを認識していないのに、突然「すみません。じつは……」なんて声をかけないこと。

見知らぬ人にいきなり声をかけられるなんて、最近ではちょっとしたホラー体験でしかありません。

ショップの店員さんなら、何回もお店に通ってみたり、学校や会社関係の人なら、その人がよくいる場所に顔を出すなど。

ここは地道かつ丁寧にやりましょうね。

そしてただ接触するだけじゃダメです。忘れてはいけないのは、「アイコンタクト」。

ちゃんと彼と視線が合わせることです。ここを繰り返すことで、彼は徐々にあなたの存在を認識します。

話しかけてみる

次のステージです。上記の認識期間は人それぞれ。1か月以内と短い人もいれば、3ヶ月、6カ月とかかる人もいるでしょう。

ようやく彼にあなたの存在を認識されたら、いよいよ彼に話しかけてみましょう。

ですが、話題がいきなり「彼女とかいるんですか?」は唐突すぎます。

無難なのは、ここまでの流れを組んだトークです。「こんにちは、このあたりでよく会いますね。」

この第一声がすごく大事。この一声が相手に唐突感のない納得する内容であれば、このあとは簡単です。

学校や会社なら「いつもここでなにをしてるの?」と聞いてみたり、飲食店やショップのスタッフなら「その服素敵ですね」「いつもファッションセンスいいなと思ってます」と当り障りのない会話をすればいいのです。

下からお願いする

この段階で普通の男性なら、自分に好意までは確信できなくても、興味はあるのかな?と勘づきます。

だから、ここは一気に攻めこむべきです。モジモジして、ここで相手のLINEを聞かずにバイバイしたら、次いつ会えるかはわかりません。

ただ、聞き方にもポイントがあります。

「もし良かったらLINE交換しませんか?」じゃなく、「迷惑じゃなかったらLINE交換してくれませんか?」とかなり下手(したて)にでましょう。

これくらい下手にでられたら男としても断りづらいからです。

そのまま積極的に誘う!

仮にLINE交換まで成功したら、あなたからご飯やデートに、積極的に誘いましょう。

よほどあなたのことをタイプじゃない限り、LINEが交換できても、彼からお誘いのLINEはこないです。ここで弱気になっちゃだめ。

そもそも一方的にあなたが好きなんですから、連絡がなくて当然、もしくは、ふられて当然なんです。

それくらいの気持ちでいた方が、大胆に行動に打って出られます。

地道に距離を近づけてみて!

正直、モテ男以外、見ず知らずの女性から声をかけられて、嫌な気持ちになる男はほとんどいません。

だから強気で積極的に行くべきだと思います。

マインドの持ち方でもいいましたが、ダメで元々ですから。

後悔するより当たって砕けろでしょう。

(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)