「彼氏と一緒にいるはずなのに、なぜかさみしい」

そう感じたことってありませんか?

一見、女性だけの気持ちに思われるかもしれませんね。

しかし、男性も寂しさを感じる場合もあるようです。

そこで、「彼女がいても孤独なとき」を紹介します。

もしかして彼、寂しがってない?彼女がいても孤独なときとは

解散するとき

デートが楽しかったら楽しかった分、もっと一緒にいたいのにと思うのは彼も同じかもしれません。

お互いが電車に乗ったらすぐに「今日は楽しかったね!」とLINEで伝えてみてはいかがでしょうか?

彼のさみしい気持ちを少しでも払拭できるかもしれません。

それに、「また会いたい!」って思ってもらうことにもつながることでしょう。

思ったようなリアクションがないとき

何かを提案したときに、思ったリアクションがかえってこないとさみしくなるときもあるみたい。

たとえば、自分が考えたデートプランや旅行の計画などです。

彼女にあっさり却下されたり、自分の気持ちを伝えたのにやんわり断られたり……。

自分が思っているようないい返事が返ってこないと、どこか寂しさを感じるようです。

相手が自分と考えが違うと感じることが重なれば、寂しさが増していくのかもしれませんね。

もし、彼の提案に内心では賛成できない場合でも、まずはちゃんと「考えてくれてありがとう」と敬意を示すといいでしょう。

LINEを放置されたとき

とくに、疑問形のLINEを放置されると寂しさは増すようです。

「今度あそこ行かない?」と彼女を誘ったときに、既読無視が続くと、さみしい気持ちになりやすいみたい。

ある程度決意して送ったことに対して返信を待ちつづけるのは、男女ともツライことなのでしょう。

どうでもいいことへの返信と、自分の決心を送ったことへの返信は、同等にしないでほしいと思っているかもしれませんね。

彼が提案してくれたときは、「今ちょっと忙しいからまた後で返事するね!」だけでも入れておくと、安心して待ってくれることでしょう。

1人でいるとき

仕事でも家でも、「今日誰とも話さなかったな」という日が続くと、単純にさみしくなるようです。

そのうえ、彼女が忙しい日々を送っているとなると、遠慮しちゃうこともあるでしょう。

彼女がお土産話を楽しそうに話してきたときに、ちょっと拗ねたような態度を取ったら、もしかすると寂しさを感じていた可能性が高いです。

男性はあえて口には出さないので、「さみしくさせてごめんね!」と一言だけでもいっておくと彼の心は癒やされ、満足するかも。

もし「べつにさみしくなかったよ」と言っていたとしても、内心はさみしく感じていたかもしれませんよ。

「さみしい」が溜まると…

さみしい気持ちが膨らむのは、時間的にも余裕があるときかも。

忙しいと、さみしいと思う気持ちもすらなくなってしまいますからね。

人によっては、さみしい気持ちをどうにかしようと、他の女性に行ってしまう可能性も……。

男性がモヤモヤした寂しさを抱えているようならば、しっかり話を聞いてあげましょう。

彼の仕事へのやる気スイッチを押してあげるのも、彼女の役割かもしれませんね。

(只野/ライター)

(愛カツ編集部)