気になる彼とは、まだ気軽に話ができない距離感。

そんな恋を進展させるには、まず彼の視線をゲットするところから始めてみましょう。

存在を覚えてもらっていないかもしれない関係性で、本格的なアピールをするのは危険かも。

「距離の詰めかたが怖い……」と警戒されてしまう可能性もあります。

そこで今回はまだ遠い存在な、気になる彼の視線を奪うテクニックをご紹介します。

私を見て!気になる彼の視線を奪うテクニック3選

自分から視線を向ける

彼の視線が欲しければ、まずはこちらから視線を送るべき。

あまり長時間見つめすぎると周りにバレてしまうので、タイミングを分けてみましょう。

そして彼と目が合ったら、軽く微笑んで会釈し、恥ずかしそうにそらしてみて。

すぐに目をそらすだけでは、愛想がなく悪印象を抱かれてしまうこともあるので気をつけてください。

これを何度か繰り返すと、相手もあなたのことを 、ちょっと意識するようになるでしょう。

会釈を交わしているので、話しかけたり連絡先を交換したりするステップにも進みやすくなります。

会える可能性がある日はオシャレしておく

顔が特別美人でなくても、メイクや髪型、服装にきちんと気を遣っていれば、男性の目を引くことはできます。

気になる彼に会う可能性がある日は、TPOに合わせつつ、デート並みに気合いを入れて身だしなみを整えましょう。

すれ違いざまに、彼の視線をゲットできるかも。

ある程度自由な服装が許される場なら、色っぽさも意識してみて。

Vネックなどの少し胸元が開いている服や、ボディラインが強調される薄手のニットなどがオススメ。

夏ならノースリーブやシースルー素材もいいでしょう。

逆に露出が高すぎると下品な印象を持たれてしまうので、さじ加減が重要です。

豊かな表情を意識して話す

彼が近くにいるときは、他の人と話す場合も、表情豊かに接することを意識しましょう。

筋肉を使うので意外と疲れますが、表情で大きくリアクションをとっていると、離れている位置からでも目立ちます。

また、素直で愛嬌のある印象を与えられるのもポイント。

笑顔や照れ顔、驚いた顔、残念そうな顔など、会話の内容に合わせてバリエーション豊かに使い分けられるといいですね。

とくに普段怖いと思われがちな人、無表情な自覚がある人は、実践してみると変化があるかも。

段階を踏んで距離を縮めて!

まだあまり親しくない彼とは、段階を踏んで徐々に距離を縮めるのがポイントです。

急に積極的なアピールをすると、相手も面食らって、引いてしまうかもしれません。

だからこそ、彼にあなたを見つけてもらい「気になる存在」と思われることが大切。

ドキドキ楽しい「片思い初期」を、じっくり楽しんでくださいね!

(オルカ/ライター)

(愛カツ編集部)