恋人に甘えるというのは、どちらかというと「彼女が彼氏に甘える」イメージの方が強いかもしれません。

でも、甘えん坊な男性も一定数います。

男性の甘えたい気持ちをしっかり把握した言動をとると、彼はどんどんあなたから離れられなくなるでしょう。

「こんな彼女、他にいない!」と思ってもらえるよう、今回は甘えさせてくれる彼女の特徴をご紹介します。

【大きな赤ちゃん?】甘えたな彼が離れられなくなる彼女の特徴

グチを聞いてあげる

グチを聞くことも、甘やかせる手段のひとつ。

上手に甘やかすポイントは、「なんでも聞くよ~」というより「話してほしい」という姿勢です。

「なんでも聞くよ~」というのもいいですが、これだと「彼が話せば受け止める」という姿勢なので、

プライドの高い彼だと「素直に言えない=甘えられない」可能性も高いのです。

いっぽう「話してほしい」という姿勢は「はずかしがらないで、言ってよ~!」と言っているようなもの。

多少なりとも強引に話すように仕向けると、男性側も甘えやすくなります。

膝枕をしてあげる

甘やかしの定番といえば、ひざまくら。

女性の太もものほうがやわらかいので、女性のひざまくらはかなりの癒やしになります。

彼が求めてきたら頭をなでたり、目元をふさぐいたずらをしたりと、じゃれ合ってみるのもおすすめです。

長時間が疲れるようであれば、「10分だけだよ~」とあらかじめ言ってからでもOK。

こうしておけば、「そろそろどいてほしい」ときに、なかなか言い出せないということもなく、ほどよく上手に甘やかせてあげられますよ。

ごほうびを勧めてあげる

女性にありがちな、自分へのごほうび。

でも男性のなかには、自分へのごほうびを贈るという習慣がない人も多いもの。

でも、彼女に「今日はがんばったし、いいもの食べよ!」と言われたり、「ずっと我慢してたし、買っちゃいなよ!」と背中を押されたりすると、ついつい甘えてしまうもの。

実際に「おいしい!」「うれしい!」を感じると、まるで彼女が幸せを運んできてくれたように感じ、彼女を手放せない!という感情につなげられるのです。

ふだんから彼をよく観察して、ごほうびのチャンスを見つけたら、積極的に背中を押してあげましょう。

一緒にじゃれてあげる

テンションが上がると、とたんに童心に戻ってしまうのも男性にありがちな特徴のひとつ。

まるで「大きな子ども」という男性も多いものです。

とはいえ彼女の手前、かっこいいクールな自分を見せたかったり、社会人としての信用のため、落ち着いた振る舞いを心がけたりしているのもまた事実。

そんな彼の場合、子どものようにじゃれ合ってくれる彼女は、まさに女神。

童心に帰ってじゃれ合える彼女なら、かならずや癒されることでしょう。

「いい大人がなにしてんの~!」なんて思わず、一緒に楽しんであげてくださいね。

大人の男性も心は子どもなのかも

甘えたいと思っていても、なかなか素直に甘えられないのが男性という生き物。

じつのところ、甘えることにおいては「彼女にリードしてもらえると助かる」という男性が多いのです。

もちろん、甘やかせすぎはNG。

ですが、上手にコントロールすることができれば、「手放したくない!」という存在になれますよ。

(橘遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)