「かまってちゃん」と聞くと、どんな人をイメージしますか?男ウケはどうでしょうか。

やはりかまってちゃんだと、嫌われるんじゃないかと思いますよね。

でも、男性はそういう子にこそ弱いケースもあるんだそう。

いろんなイメージがありますが、じつは思わずキュンとしてしまう、かわいいかまってちゃんもいるんだとか。

どうすればそんな女性になれるのでしょうか。

「面倒なかまってちゃん」と「思わずかまいたくなる女性」との違いって?

メリハリをつけて甘えられる

いくらかわいいかまってちゃんでも、それに応える余裕がないときもあります。

そんなときに、ちゃんと相手の状態を見抜けるかどうかも、ウザいかまってちゃんにならないためのスキル。

反応がいつもと違うと感じたら、すぐ、相手のことを思いやるようにしましょう。

自分がかまってもらうのではなく、サッと相手のことをかまうスタイルにスライドさせるのが◎。

また、真面目な雰囲気で返されたときも同じです。

「あ、ふざけていい雰囲気じゃないな」と感じたら、すぐに「かまって精神」を引っ込めて真面目に受け答えを。

ケジメとメリハリがつけられるのも、愛されるかまってちゃんの必須条件です。

かまってくれた分お返しをする

「かまってちゃん」は、その名の通り、自分を見てほしい、自分のためになにかしてほしいとリクエストするのが、常態化している子のこと。

多くの場合、男性は頼りにされるのが嬉しい生き物なので、かまってちゃんにもある程度応えるものなんです。

でも、かまってもらってからが大切なポイント!

かまってもらったあとに、ちゃんとお礼やフォローができる子なら、この先もずっとかまってあげたくなる子になれます。

一方的に「かまって!かまって!」ではなく、「○○してくれかたら、○○しますよ!」というサービス精神をセットで持っておきましょう。

自然なギブアンドテイクがあれば、かまってちゃんも自己主張できる子という位置づけとなるのです。

限度をわきまえている

相手の反応がいくら良くても、どこまで求めていいかをわきまえていることも重要。

まず大切なのは、どのくらいの頻度でかまってほしいと言うか。

そして、どのくらいまでリクエストするか。

たとえば、「寂しいから、話し相手になって~」と夜にかまってもらうなら、明日に響く時間まで話を続けないこと。

また、「どうして?」「なんで?」と、質問し続けるのもNG。

気になることが続いていたとしても、相手を責めるような質問はほどほどにしておきましょう。

また、「かまってほしい理由」に、正当性があるかも大切なポイント。

男性は理論的な動機のほうが納得してくれるので、「じゃあ相手をしてやるか」と、思える理由をつけてかまってもらいましょう。

「ちょっと相手をしてくれたら安心するから」「いつも丁寧に答えてくれるから嬉しい」など、相手を褒めながら、かまってリクエストできれば、あなたはそれだけでおねだり上手になれるはずです。

メリハリをつけたおねだりが◎

かまってちゃんでも相手の状況を察したり、気持ちを考えられたりする子なら、ちゃんと愛されます。

頼りにされるけど、ちゃんと気遣ってくれるようなかまってちゃんなら、キュン!としてしまうこと間違いなし。

メリハリをつけて、上手におねだりしていきましょう。

(橘遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)