LINEは恋愛に欠かせないツールですが、それだけではなかなか相手の内面には触れにくいことも。

でも、ちゃんと付き合う前、デートする前でも「ちょっとイマイチな男性」というのは結構見抜けるもの。

そこで今回は、LINEで見抜く、彼氏にしないほうがいい「ダメ男」の特徴をご紹介します。

【LINEで見抜く】彼氏にしないほうがいい「ダメ男」の特徴

暇つぶし目的で送ってくる

「以前気になってた人は、普段は、『仕事中』『友達と飲んでる』と、私のLINEにあまり返してくれないタイプでした。でも、連休だから実家に帰るとなったら、ものすごい量のLINEを送ってくるんです。

新幹線に乗ってるらしく『〇〇通過』とか『前に〇〇に旅行したことあるって言ってたよね?何かおいしい飯食えるとこある?』とか。私だって友達と会ってるのに……。この人にとって、他人って暇つぶしでしかないんだなと思いました」(27歳女性/営業)

LINE不精だと思ってた彼は、ただ自分の都合を最優先していただけだった……。

LINEを返さず、女性が寂しい思いをしても気にしないけど、自分が暇なときは彼女の都合を無視してガンガンLINEしてくる……勝手です。

「たまにはいっぱいやり取りできてうれしいな」と受け取ることができればいいですが、「自分の都合ばっかり!」と思うなら無視してOK。

LINEが多すぎる

「LINE不精な人と付き合って寂しい思いをしたことがあります。そんななか知り合った彼は、すっごくマメにLINEをくれて、最初はよかったんですよ。でもだんだん『この人仕事してるの?』と思うほどいっぱい来るし、内容も自分の仕事のお客さんの悪口とか、

一度デートしただけの私に『愛してる』とか、一日に何度も送ってくるようになって。やばい人だな思ってブロックしました」(28歳女性/事務)

LINEを通じてひとりで恋愛感情が強火になってくるタイプの男性には注意が必要です。

自分の心のなかでだけ盛り上がって、相手が不在のまま、どんどん妄想を募らせるタイプのやばい男かもしれません。

仕事も放置してLINE三昧となればなおさらです。

LINEで相談ばかりしてくる

「アプリで知り合った人なんですが、LINEでやたら深い話をしたがる人がいました。今までの恋愛とか結婚観とか、仕事への熱い想い(笑)とか。写真で見る限り顔も悪くないし、一度会ってみてもいいと思っても、なかなかそんな話になりません。

毎日がっつり重いLINEが来て、私も手紙並みに頭を使って長文を返すだけ。やっとデートにこぎつけて、顔を合わせたら今度は全然しゃべらないんです。何か質問しても『LINEに書きましたよね』だって。直接のコミュニケーションができない人なんだ……と、早々に逃げ帰ってきました」(26歳女性/広報)

好きな時に既読をつけて、納得いくまで返信を練ることのできるLINEと違って、対面でのコミュニケーションはハードルが高くなることも。

まだよく知らない間柄なら、うまく話が弾まないこともだってあるのは普通。LINEでやたら深い話をしたがるけど、会えばだんまり、

そんなタイプは、会ってみると「お前が察して動け」オーラ満載かもしれません。

LINEでやばい男性を見抜いて

彼らのLINEは量はあっても質はイマイチ!

人の話を聞いていないのが特徴です。

キャッチボールではなく、デッドボールばかり投げてくる男性だと感じたら、早めに距離を置きましょう。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)