基本的に、美人はモテます。それは紛れもない事実だと思います。

ただ、そこまで容姿が整っていなくても、なぜか彼氏が途切れない女性がいることも確か。

「私とどこがそんなに違うんだろう……」「あの子って運が良いのかな?」といろいろ考えることもあるかと思います。

そこで今回は、「美人じゃないのになぜかモテる女性」について、そのヒミツをご紹介します。

男性が思わずトリコに…美人じゃなくてもモテる女性のヒミツ

常に飾らず、自然体でいる

好きな人の前だと、つい自分をよく見せようとしてしまうこともあるかと思います。

しかし、無理をしてしまっては長くは続きません。

初めに良い印象を持っているときほど、あとでそのイメージが崩れたときの差は大きくなってしまうもの。

初めの印象がずっと変わらないことは安心感を与えますし、信頼感も得られるでしょう。

着飾らない姿を見ていると、男性も「この子なら俺のダメなところも包み込んでくれそう」と感じるはず。

より親近感がわくので、気軽にデートにも誘いやすくなるのでしょう。

後々「思っていたのと違う……」と思われないためにも、できるだけいつもの自分で接していけるとよいですね。

コミュ力が高い

ただ遊ぶだけなら、美人な子のほうがいいかもしれません。しかし、長く付き合うのであれば、見た目以上に中身が肝心。

そのことを、男性もよーくわかっています。容姿よりも「気が合うかどうか」を重視する男性は多いんです。

よく言われていることではありますが、話の引き出しが多い人は一緒にいて飽きないようです。

あとはノリが良くておもしろい女性も、明るい気持ちになれるため人気が高いようですね。

自分から積極的に男性に話しかけられると、より良い印象を持ってもらえるはず。

「私ちょっとコミュ力低いかも……?」と思う場合は、まずはいろんな場所へ出かけると良いかもしれません。

見た目を磨く努力をしている

美人はスタイルがイマイチでも、服装が個性的でも、すっぴんでも、「そこがまたかわいい」とチヤホヤされがち。

でもそれを「ズルい!」「これだから男ってムカつく!」と羨んでばかりでは、当然モテません。

むしろ「女ってかわいい子をイジめるよな~」なんて言われてしまうことも……。

美人じゃなくてもモテる女性は、誰かをうらやむよりも、自分を理解したうえで見た目を磨く努力をしている傾向にあるようです。

たとえばヘアケアに気を付けたり、軽くダイエットをしてみたり、自分に似合うメイクやファッションを研究したりなど。

その努力によって、目立った美人ではなかったとしても、「この子かわいいじゃん!」と興味を持ってもらえるのです。

見た目がすべて、ではないからこそ

見た目ばかりに捉われていると、せっかくのチャンスも無駄にしてしまいます。

誰かをうらやむばかりではなく、自分の変化を楽しみながら磨いていくことで、自然とモテにつながるかも。

無理しすぎるのはよくありませんが、まずは自分のために少しずつできることから始めてみてもいいのかもしれませんね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)