いいなあと思っていた男性が、じつは体目的で近づいてきていた……。

明らかにそうだと思われる言動をされたら、さらに引いてしまいます。

そこで今回は、実際に出会った「明らかに体目的」な男性とのエピソードを集めてみました。

イヤです!女性に聞いた「明らかに体目的」な男性とのエピソード

帰らせない!終電逃させるのに必死な男

「終電の時間に近づいてくると『もう一杯いこう!』とやたらおかわりを勧めてくる男性。終電を逃させるのに必死か!とドン引き。もうすぐ終電だからと断ると、『終電逃したら朝まで付き合うから大丈夫だよ』ですって。こっちが大丈夫じゃないんですけど?」(23歳/ネイリスト)

女性が帰りたがっているのを無理やり引き留める男性も、世の中には存在します。

こんな人と一緒にお酒を飲んだら、彼の思うつぼになってしまうかも……。

くれぐれも、終電を逃さないように注意しましょう。

上から目線!マッサージしたがり男

「疲れたと聞くと、すぐ『マッサージしてあげようか?』って言う男!触りたいのがミエミエなんですよね。本音は『(俺が)マッサージしたい』のはずなのに、なんで『してあげようか』って上から目線なの?って逆に笑えてきます(笑)」(25歳/医療事務)

なかには「俺マッサージめちゃめちゃ上手いよ!」と自慢してくる男性もいます。

「疲れたけど凝ってない」と言って、断りましょう!

分かりやす!自宅付近でデートしたがり男

「遊ぼうと言って指定してくる場所が、どこも相手の自宅まで近いとこばかり。あわよくばっていう気持ちが透けて見えてしまって、ス~ッと気持ちが引いていきます……。悪い人じゃないんですが、私の自宅の場所は濁しています(笑)」(26歳/販売員)

さらに、「疲れたから休もう」と言って自宅に誘導するのも、王道パターンのひとつ。

デート先を選ぶときは、あえて女性から場所を指定するのもありでしょう。

こんな男性はたくさんいます……

このような明らかに体目的の男性と出会ったら、のらりくらりと逃げるだけではNGです。

毅然とした態度で接しましょう!

(愛カツ編集部)