実家暮らしの男性に抱く印象

気になる彼がいるけど、ずっと曖昧な態度で接してくる。

「様子見なの?いや、絶対遊ばれてるんだ!」そう考えるのは、少し早いかもしれません。

遊ばれていると心配するのは、体の関係を持ってしまった場合だけでいいみたい。

男性がそんな態度をとる原因は、思いのほかたくさんあるようです。

あいまいな態度にヤキモキ!「様子見男」の実態とは

積極的にスキンシップができない

デートをしていても手もつながない、キスもしないという男性がいます。

私に魅力を感じていないのかな?と心配になりますよね。

ですが、彼はスキンシップに積極的に踏み込めないだけの可能性も……。

女性慣れしていない証拠でしょう。

遊び慣れていないということの裏返しと考えて。

プラトニックなお付き合いをするには最適な相手とも言えますが、関係を進めたいのなら、あなたから手をつないでみたり、酔った勢いでちょっとタッチしてみたりしてみるといいでしょう。

勇気がない

遊びには頻繁にいくけれど、ただそれだけ。

好きなそぶりは見せるけれど、ずっと様子見している……。

そんな男性に、じれったさや不安を感じる方もいることでしょう。

でも、その男性には、勇気がないだけかもしれません。

決して「じらし」という高等テクニックを使っているわけではなく、ただ単に次のステップ=恋愛に踏み込めないだけの場合も多いのです。

要はあまりに恋愛に慣れていないタイプを言えるでしょう。

恋愛の話が出てこない

このケースがよく見られるのは、幼馴染や相手に恋愛経験がないなどの場合。

なかなか前に進まない!とじれったく思うのなら、こちらからさりげなく恋愛の話を振ってみるのも◎。

「○○くんとあの子付き合いだしたらしいよ」など、恋愛に関わる話ならなんでもOK。

芸能人のゴシップの話でもいいでしょう。

恋愛の話に持っていけさえすれば、お互いの恋愛観を話すきっかけになります。

少し恋愛が前に進むかもしれません。

ガツガツしていると思われたくない

ガツガツしていると思われたくない

男性があまりガツガツすると嫌われるかも……と警戒しているこちらのパターン。

こんなときは、女性のほうからデートプランを提案してみましょう。

そうすると男性も気が楽になります。

これくらい攻めてもいいんだ、という基準がわかるからです。

ただし、いきなりお泊まりに誘うなどはハードすぎるのでNG。

ランチしかしていないならディナー、飲みに行って1軒目で終わっていたなら2軒目に誘うなど、ソフトなところから試してみるといいでしょう。

女慣れしていない

浮気症ではなくて、ある1人だけの女性を特別扱いすることに慣れていない人もいます。

遊び人との大きな違いは2点。1つは女慣れしていそうにないこと。

もう1つは言葉やしぐさで誘惑してこないことです。

多くの女性に対して誘惑をかけているのは、見た目通りの遊び人。

女慣れしていない男性と遊び人を賢くみわけて、彼との距離感を図っていきましょう。

「様子見男」は意外と繊細?

男性の様子見な態度はじれったいですが、男性だって意外と繊細。

傷つくことを怖がっているケースもあります。

恋愛に踏み出せなくて苦しんでいる男性を温かく見守り、導いてあげれば、いつかお付き合いにまで発展するかも?

こちらから積極的に行ってみてもよさそうです。

(秋佳 珠/ライター)

(愛カツ編集部)