「最近イイ感じの彼ともう少しで付き合えそう!」という時に、突然相手が離れていってしまったらショックですよね。

実はそんな「あと一歩」の時期は、同時に「見極め」の時期でもあります。

この繊細な時期にマイナスな印象を与えてしまうと、一気に冷められてしまうことも……。

あと一歩のところを逃してしまいやすい女性の特徴にはどんなものがあるのか、一緒に見ていきましょう。

「脈あり」を「脈なし」にしてしまう女性の特徴

恋愛を「属性」だけで見ている

「港区」とか「丸の内」といったキラキラワードについつい惹かれる……。

このタイプの女性は、相手の好みや都合より、自分がどんな情景に入り込みたいかで恋愛を楽しもうとする傾向にあるようです。

しかし、そんな女性に対しては、多くの男性が「本当はオレじゃなくてもいいんだろうな」と気付くもの。

やがて、「こちらも恋愛ごっこでいいかな」と、本気ではなくなっていってしまうのです。

勢い任せになっている

勢い任せのアプローチを続けている場合も、本当の交際には至らないケースが多いようです。

運命的な恋ならまだしも、ほとんどの場合は、自分と交際するメリットを伝えられるようなアプローチを取らなくてはうまくいかないでしょう。

たとえば、彼があまり人から理解されないマニアックな趣味を持っていたとします。

私ならその気持ちが分かるし話を合わせられるから、他のどんな女性と付き合うより絶対楽しいよ!とアピールするのが戦略を仕掛けることです。

女の武器の出しどころがズレている

たとえば、自分が原因で彼の機嫌が悪いときに甘えながらボディータッチをしたり、一発逆転を狙って色仕掛けをしたり……。

なんとかして相手の気を引きたいと懸命になる気持ちはわからなくはないですが、これではほぼ逆効果。

謝るでもなく、問題を解決しようとするでもなく、ただごまかそうとしているように映ってしまう可能性もあります。

関係がこじれそうになったら、誠意を持って対応する以外に選択肢はないと考えましょう。

幻想を抱いている

恋人は○○してくれるもの、彼はもう私の男なんだから当然○○するだろう……。

このように、自分に都合の良いイメージだけを持っている場合も、本当の交際には至らないケースが多いようです。

通常なら関係にひびが入りそうなことさえ、「OKかな」という感覚になってしまうこともあります。

距離が近くなたったときこそ一歩ひいて、相手を尊重し、適度な距離を保つのが正解です。

相手へのおもいやりを忘れないで

いい感じだったのにうまくいかなかったときは大抵、やるべきことに気づけていない、押しが弱い、対応を間違えている……などさまざまな落ち度があるものです。

恋愛は、フィーリング任せで進めるフワフワしたものではなく、一つの「プロジェクト」や「ミッション」だと考えてみるとよいのかもしれませんね。

達成させるためにどうしたらいいか、頭をフルに使うことで、最後に幸せになれるのです。

(ちりゅうすずか/ライター)

(愛カツ編集部)