周りからみて「年上に見られやすい」とか、「おばさんっぽいって思われてるかも」という不安をかかえている女性って、意外と多いもの。

周りの人は、「あなた、おばさんっぽいよ」なんて言ってくれないからこそ、気になりませんか?

そこで今回は、男性がひそかに「おばさん認定」する女性の言動を3つご紹介します。

意外とあるある…男性がひそかに「おばさん認定」する女性の言動3つ

飲みの席で人生相談をはじめる

おばさん認定される女性って、お酒が入るとつい人生相談をしがち。

そんな様子に、仕事やネガティブなことを忘れて楽しみたい!と考えている男性は、うんざりしてしまうよう。

結果、「こいつと飲んでも楽しくないな」と思われ、だんだん孤立してしまう……なんてことも。

まったく相談するなとは言いませんが、相手のタイプや、場の雰囲気は考慮する必要があるでしょう。

他人に厳しい

ほかにも、自分には甘いのに他人には厳しいという女性も、おばさん認定されがち。

たとえば「○○さんの、あの言い方なくない?」とか、「○○さんって、若い社員ばかりヒイキしてるよね」など。

そのくせ、自分の仕事の手は止まっているなんて場合は、注意が必要かもしれません。

自信がなく、周りとくらべる

自信がなく、周りとくらべる

ここまで書いた「おばさん認定されやすい言動」は、すべて自信のなさが根っこにあることも多いです。

自信がある人って、常に過去の自分と比較して、よりよい自分になろうと葛藤しているでしょう。

しかし、おばさん認定されがちな女性って、他人と自分を見比べがちなのです。

他人にどう思われているか、私をだまそうとしているんじゃないか、そんな疑心暗鬼に襲われることもあるようですよ。

自分の生き様に自信をもって!

おばさん認定されがちな女性って、自分の生き様に自信がない女性も多いです。

それゆえに、周りの目を気にしすぎたり、格下の人に冷たく接したりしてしまうこともあるよう。

他人とくらべてどうかではなく、自分の中のベストか、という考え方は、いつまでも若々しくいられるコツかもしれません。

(ひとみしょう/作家)

(愛カツ編集部)