男性は、女性のすっぴんを気にしていないという意見は、たまに耳にしますよね。

それでも見せるのは抵抗があるという人は多いでしょう。

そこで今回は、男性のすっぴんへの本音と、すっぴんを見せるときのコツ、そしてすっぴん以上に大切なことをご紹介します。

男性のすっぴんへの本音と、それ以上に気になること

彼女のすっぴんが別人だったときの本音

多くの場合男性は、彼女のすっぴんに対して、ある程度は寛容な気持ちをもって覚悟はできています。

だから、その寛容のキャパを超えていなければ、たとえ別人レベルでもとくに問題はないようです。

これとは別に、彼女のどこに惚れてつき合ったか?というポイントは影響してきます。

たとえば、見た目から入ったパターンだと、すっぴんが別人レベルだと黄色信号かも。

逆に、性格などの内面からならそんなに気にすることはないですね。

すっぴんよりも大事なのは…

やっぱり、彼女のすっぴんが気になるのは事実。

ただ、もちろん化粧しているときとすっぴんのときの顔がちがうことくらいの覚悟はできていますから。

たとえすっぴんがかなりメイクの顔と変わったからといって、別れようとは思いません。

そして、どちらかというと、化粧しているときの顔のほうが大事です。

それは、男は周りから彼女がどう思われるか、その評価が気になる生き物だから。

極論、「すっぴんがいまいち」より、「化粧したときの顔がいまいち」のほうが嫌な男は多いみたいです。

彼氏にすっぴんを見せるときは…

彼氏からすると、がんばってすっぴんを見せてくれた彼女に対して、なにか言葉をかけたいと思っているもの。

おそらく彼女が一番うれしいのは「そんなに変わらないじゃん」というフレーズでしょう。

このフレーズを引き出すためのポイントは、すっぴんを見せる前に、「すごく、すっぴん変わるけどいい?」とハードルをあげておくこと。

そうすれば、彼の本音はわからないけど、男としては「そんなに変わらないじゃん」と言いやすいです。

すっぴんを見せるタイミングは…

すっぴんに自信がある人は、化粧してるときとすっぴんとの差がほとんどない人だと思いますので、そんな人はなにも怖がらず積極的に見せましょう。

逆に、すっぴんに自信がない人は、彼氏との愛情が深まるまでは、がんばってすっぴんを見せないよう努力したほうがいいでしょう。

なぜなら、彼氏が外見から彼女のことを好きになった可能性もあるので。

彼女の性格のよさを知り尽くして、離れられなくなってからにした方がいいので、ここは少しの辛抱です。

すっぴんをかわいいと思ってもらうには…

男性が化粧の前後で別人だと思うパーツは、ズバリ「目」の印象でしょう。

目の印象に関しては、整形でもしない限りどうしようもないのですよね。

もし、すっぴんをかわいいと思ってもらうために女性が努力できることがあるとするなら、絶対に「肌」。

スキンケアをがんばることでしょう。

もちもちの透き通った肌さえ手に入れさえすれば、彼氏からすっぴんを褒めてもらえる確率はあがります。

男からしても、肌が一番褒めやすいですから。

どうしても、目元に自信がなければ、飛び道具としては「眼鏡」。

フレームの大きい眼鏡をかけて、目元を隠すことで、すっぴんをかわいく見せるというマル秘テクもありますよ。

すっぴんもに慣れてもらう手も

「すっぴん」を見せることを怖がらないこと。「慣れ」は怖いなんてこといいますが、「すっぴん」に関しては「慣れ」が大事。

今回のコラムでいろいろと男の本音を話をしましたが、心配しなくても、彼氏は彼女のすっぴんにそのうち慣れるものです。

好きになった彼氏との関係性によって、すっぴんを見せるタイミングは若干違うかもしれませんが、もったいぶるよりも早く披露して、慣れてもらうのが一番オーソドックスな戦法だと思いますよ。

(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)