気になる彼とLINEを好感したけど、あんまり返信が来ない……そんな悩みを抱える女性は、けっこう多いみたいですね。

そんなときは、もっと彼が返信しやすい内容を送ってみるのがおすすめ。

……と書くと、「ああ、質問LINEを送るといいのね」と思うかもしれません。しかし、質問にどうしても含まれてしまう「返信してよね」という圧力のようなものに、男心は萎えるもの……。

質問LINE以外にも、男性にとって返信がむずかしい女性からのLINEがあります。いくつかご紹介しましょう!

正直、返信に困る…男性が嫌がるLINEの特徴

今日したことの報告

このタイプのLINEをもらったとき、おそらくほとんどの男性が「彼女は俺に自分のプライベートを見せてくれるんだ」「彼女は俺に好意を抱いているんだ」と感じるでしょう。

がしかし、それについて返信するとなると、話は別。

たとえば、「今日は会社で梱包作業をした」とLINEが来た場合、それを読んだ男性は「そうなんだ……で?」としか思わないでしょう。

なんとか返信しないと……!と思っても、画面には「そうなんだ」しか打ち込めず、困ってしまうわけです。

食べているものの報告

彼とLINEでなにかを話したいと思ったとき、もっとも手っ取り早いのは食べ物の写真を送ることかもしれません。

しかし、これも男性を困らせるLINEの1つです。

彼があなたと一緒にいるのなら、彼はあなたに「ひと口ちょうだい」と言えばいいとわかっているのですが、あくまでもLINE……。

うまそうな食い物の写メが来たけど、これ、なんて返信すればいいのだろう?

悲しいですが、これが、大体の男の本音です。

長文の相談

画面いっぱいの長文で、しかもそれが相談だった場合も、男性を困らせているはずです。

たとえば、上司のことで悩んでいること、そして、同僚の男性がセクハラチックなことを言ってくること。

さらに、同僚の女性が自分に味方をしてくれないこと……などなど、とにかく相談のテーマが盛りだくさんなこともあるでしょう。

そんなの、プロの解答者でも返信に困ります。

もし話を聞いてほしいなら、電話するか、直接会って話を聞いてもらったほうがいいのかもしれません。

おわりに

あなたが彼に好意をもっていれば、あなたは彼から来たLINEの返信くらいしますよね?

男もおなじで、彼があなたに対して好意を持っていれば、彼はあなたから来たLINEの返信くらいはしないと、と思うはずです。

だけど内容に困ってしまう……。そんなの、もったいないですよね。

できるだけ返しやすいLINEをしていくことが、関係を深めていくことにもつながるのではないでしょうか。

(ひとみしょう/作家)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)