気になる男性へのLINEに既読がつかなくて、脈なしかな……と思っていても、諦めるのはまだ早いかも!

今回は、男性がすぐに既読をつけちゃうLINEの特徴を聞いてみました。

既読無視、ダメ絶対!男性が「すぐ既読つけるLINE」とは?

好きな女性からきたLINE

「何を送ってくれたのか気になるから好きな人のLINEはすぐ見ちゃいます。返事も丁寧に書くし、スタンプとかも使って向こうにも返信しやすくしてるつもりです」(26歳男性/運送)

好きな人からのLINEが気になるのは男性も同じ。

ただ、「即既読になるとキモイかも?」「仕事中に来たLINEにすぐ返すと『仕事してんの?』と思われそう」なんて気持ちもあるので、必ずしも即既読・即返信とはならない様子。

すぐ既読はつくけど返信は遅め、でも文章は練られていて、有料スタンプも入ってる……こんな場合は脈あり度が高いかも?

ヒマなときに来たLINE

「ヒマなときは割とすぐ見ますよ。ヒマなんで……」(30歳男性/自営業)

この方曰く、「すぐ既読をつけるのは脈ありとか脈なしとかじゃない」とのこと。

自分の状態・コンディションによる部分のほうが大きいようです。

既読の意味を考えるより、「今は推せるタイミング!」と思える女性が恋を有利に運びそうです。

気になるところで…

「LINEの通知って、画面に本文の一部が出るじゃないですか。
見えてるところに気になることが書いてあって、続きが見えなくなってると何が書いてあるか気になって既読つけちゃいます」(27歳男性/広告)

プレビューで読める分だけで用件がわかるならいいけど、どうにも気になるところで文章が切れている。

何か画像を送ってくれたようだけど、通知は「写真を送信しました」だけなので気になる……。

こんなときは、続きを知りたい気持ちが勝つようです。

続きが気になる文章を意識してLINEをすれば、そこから先の関係性にも近づけるのかもしれません。

深い意味はないんだけど…

「既読のタイミングにそこまで深い意味を持たせても、そんな考えてないと思いますよ~男は」という意見もありました。

ただ、そうはいっても好きな子のLINEには注意を向けていたり、暇なときは返信を早くするなどの大まかな傾向はあるよう。

「既読の速さ」だけじゃなく、文章のトーンや送ったタイミングなど、ほかの要素もプラスして考えると、彼の気持ちがわかりやすくなるでしょう。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)