同棲すると、2人の時間も増えるもの。幸せな気持ちでいっぱい……!なんてカップルがほとんどではないかと思います。

しかし、時にはケンカしたり、なにか「合わない」ことが多かったりして、別れをむかえてしまうカップルがいることも確か。

そうならないためにも、同棲生活をスタートさせる前に、さまざまな確認をしておきたいものです。

そこで今回は、同棲しているカップルに「事前にやっておいて良かったこと」を聞いてみました。

カップルに聞いた!同棲前に「やっといてよかったこと」とは?

生活スタイルの共有

「同棲前にお風呂の時間の長さについて話しておきました!
やっぱり2人で住むと仕事の時間とか、家事とかで時間が合わなかったり、かぶったりしてストレスになるかなと思ったので。
実際、話し合っておいたおかげもあってか、時間がかぶってもお互いにストレスを感じることはないですね」(27歳女性/広告デザイン)

同棲は、相手の生活の仕方やクセがすべて見えるもの。

当然、他人なので違って当たり前ですが、あまりに合わないとストレスの原因になることも……。

帰宅時間は大体これぐらい、ご飯は毎日何時くらいに食べたい、夜寝る時間、朝起きる時間……などなど、同棲をする前に普段の自分の生活スタイルや生活リズムのことを話しておくだけで違いますよ。

これだけは我慢できない!というポイントや、ちょっとしたことでも伝え合っておくとスムーズでしょう。

お互いの親に挨拶しておく

「結婚するって決まってるわけでもないのに……と気が引けましたけど、お互いの親に話しておいて良かったです。
編に後ろめたさとかもなく同棲を始められたし、向こうのお父さんには引っ越しも手伝ってもらって、ホント助かりました」(25歳男性/営業)

結婚を前提としたものであっても、そうでなくとも、「同棲」をする場合は、相手の親に挨拶をしておいたほうがいいでしょう。

万が一、親に助けてもらいたいトラブルなどが起こった場合など、対応や対処が楽になりますよ。

万が一、別れたときのこと

同棲する前は仲良く付き合えていたとしても、いざ一緒に暮らしてみると合わなかった……。という場合もあるかもしれません。

その結果、やっぱり生活は別々にしよう、という話になるかもしれませんし、残念ながらお別れするという展開になることも……。

同棲する前に離れること考えるなんて……と思うかもしれませんが、ここを考えておくかおかないかで、いざというときの対応も変わってきます。

「引っ越し費用や修繕費の負担などで揉めて、結局引っ越すのに1か月以上かかりました。あれはしんどかった……」(26歳女性/SE)

こんな意見もあるくらいです。

せっかく好き同士で一緒に暮らしていても、何があるかわからないのが人生でもあります。

少しでもお互いを傷つけず離れられるよう、しっかりと話しておくことをおすすめします。

同棲は=生活だから

同棲するということは、「お互いに協力しあいながら生活する」ということになります。

楽しく生活するために、お互いしっかりと話し合ってルールなどを決めてみましょう。

きっと「やっておいて、話し合っておいてよかったな」と思えるはずです。

素敵な同棲生活をおくってくださいね!

(愛カツ編集部)