流行も取り入れつつ、自分ではオシャレにしたつもりなのに、男性からは「それ、あんまり似合ってないのに……」と思われている場合もあるようです。

せっかくを気合を入れたのに、そう思われていると知ると気分が下がりますよね。

そこで今回は、オシャレでもイマイチな、男性ウケしないファッションをご紹介します。

え、ダメなの?じつは男性ウケしないファッションとは

大きいリボンやフリル

「大きなリボンの髪ゴムは、学生だったらまだ良いんじゃない?って思うけど……。人によっては、浮いて見えるときもある」(33歳/広告)

ハーフアップに大きなリボンをつけている女性や、フリルたっぷりのお洋服。

お姫様らしくてかわいいのですが、あまりにも甘々だと顔に負けてしまう恐れがあります。

「もっと自分に似合う服があるんじゃないの?」と思われてしまうよう。

大きなお世話と言われればそれまでですが、引き算をした甘さ控えめコーデを研究しても良いかも。

チョーカー

「チョーカーは最初見たとき『首輪かな?』と思った。あれだったら普通のネックレスのほうが好き」(28歳/製造)

数年前から流行り出し、現在でもチラホラ見かけるチョーカー。

つけるだけでいつもと違った雰囲気になるので、重宝している人もいるのでは?

しかし存在感がある故に「首輪っぽい」「目のやり場に困る」など、困惑している男性も。

またチョーカーはタイトだからこそ、首が太く見える恐れもあります。

こちらは女子会などにつけていった方が良さそうです。

チュニック

「あのトップスなのかワンピースなのかわからない丈がイヤ。あれにレギンス履いていたら、センスないな~って思っちゃう」(25歳/アパレル)

体型隠しにも最適なチュニック。

でもだからこそメリハリがなく、オバサン感が出てしまいます。

また自分の身長に合っていない服と勘違いされ、周囲から「なんかあか抜けないな……」と思われることも。

中途半端な丈に逃げるのではなく、自分のシルエットがキレイに見える服を探してみましょう。

着る服が変わるだけで、あなたのかわいさが増すはずですよ。

原色や派手な柄物にも注意!

「ヒョウ柄は大阪のおばちゃんっぽいし、肉食でキツそうに見える。これでギャルメイクだったら、申し訳ないけれど怖そうだなと思っちゃいます」(29歳/IT)

どんなにウケが良さそうなワンピースやスカートを着ていても、色や柄が強すぎると、その印象だけが残ってしまいます。

とくにラベンダーカラーは男性ウケしますが、なぜかパキッとした色味の紫は不評……。

「占い師っぽい」「欲求不満感がある」と思ってしまうんだとか。

またアニマルなど派手すぎる柄も、個性的で驚いてしまうとの声が。

最初のデートでは王道モテファッションをしたほうが、変な固定観念は持たれないかもしれませんね。

せっかくのチャンスを無くさないように!

男性ウケのために好きな服を諦める必要はありません。

ただ見た目から先入観を持たれて、恋愛のチャンスを逃すのはもったいないかも。

合コンや初デートの際など、TPOに合わせて勝負服を持っておくと良さそうですね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)