恋人同士のコミュニケーションにも欠かせないLINE。

ですが、何気ないLINEのやりとりがきっかけで。恋愛が一気に終わりの方向に進んでしまうこともあります。

そこで今回は、絶対にやってはいけないLINEのNGな使い方をお伝えします。

恋を終わりに近づける!「やってはいけない」LINEの使い方

既読スルー

仕事や他の用事で忙しいとき、どうしても彼からのLINEに返事ができず、放置してしまった……なんてことも、時にはあるかと思います。

そのあとで「ごめん!仕事で……」と謝れればまだ大丈夫だとは思います。

しかし、その一言もないと、場合によっては「俺のことなんか、どうでもいいんだろうな……」と思われてしまうかもしれません。

そこから、予期せぬ別れなどの恋愛のトラブルに発展してしまう可能性もあるので注意しましょう。

長々と持論を展開する

付き合っていると、マジメな話や、お互いの価値観の話をすることもあるかと思います。

何かについてアドバイスをすることもあるでしょう。

しかし、LINEではできるだけ短いやり取りが好まれる傾向にあるようです。

あまりに長々と意見を送ると受け手はかなりストレスになりますし、考えを押し付けられていると感じやすくもなります。

そうなると、返事をするのが嫌だと感じるようになり、そうしたやりとりが続いてしまうとしだいに恋愛も冷めていってし舞うでしょう。

単純に、長文がめんどくさい……と思う人も多いものです。もし可能であれば、込み入った話は電話などで話したほうがよいでしょう。

文面だけだと、要らぬ誤解を生むこともありますからね。

他の男性と一緒に写っている写真を送る

他の男性と一緒に写っている写真を送る

もし、付き合っている彼から、あなたの知らない女性と仲良さげに笑っているツーショットの写真が送られてきたら、どう思うでしょうか?

おそらくですが、大半の方が「いい気はしない」と答えるかと思います。

それと同じで、(その関係性がどうであれ)やはり知らない男性との写真を説明もなく送るのは、浮気を疑われたり、不信感を生むきっかけになってしまいます。

それがきっかけで恋が終わってしまうかもしれませんので、まず送らないほうが賢明です。

NGは何気ないやり取りのなかに…!

普段やり取りするLINEだからこそ、注意をしないとうっかり足元をすくわれることになります。

ぜひ今回のヒントを参考に、あなたの恋愛におけるLINEの使い方を見直してみましょう。

(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)