子どもを育てながら、ラブラブな関係を維持している夫婦にはどんな秘密があるのでしょうか?

実際に、ラブラブな夫婦の妻に「夫と仲良くするために心がけていること」について聞いてみました。

本人たちは「特別なことじゃない」と思っている、ちょっとしたテクニックを学びましょう!

【まるで恋人同士】結婚してもラブラブな夫婦関係を保つ方法

2人きりでデートする

「子どもが学校や保育園でいない間にランチデート。歩いてでもドライブでも恋人気分で楽しめます」(37歳/事務員)

「子どもを預けてデートするときは、必ずオシャレをします。メイクをしてスカートを履くだけでも、喜んでくれます」(36歳/医療事務)

子育てをしていると「父」「母」としての意識が強くなり、ラブラブ感は薄れやすいものです。

2人きりになる時間を少しでも作って、恋人同士だったあの頃に戻りましょう!

会話する時間を作る

「一方的に私の愚痴大会にならないように気をつけています。できるだけ明るく話して、夫が聞いて苦痛にならないように、と意識しています」(34歳/看護師)

「夜寝る前には、必ず少しだけ話す時間を作っています。その時間は軽い話に限定しているので、夫も色々と話してくれます」(37歳/歯科助手)

おしゃべり好きな女性だと、思わず夫にあれこれ話してしまいがちです。

一方的にならないように、お互い「話す」「聞く」時間が取れているか、振り返ってみましょう。

時にはスキンシップを!

「外ではよく手をつないでいます。ずっとつないでいるので、あまり恥ずかしいとも思いません」(32歳/英会話講師)

「『なに見てるの?』とのぞき込むときに肩に触れたり、テレビを見るときにぴたっとくっついてみたり……。スキンシップは欠かさないかも」(26歳/事務員)

ラブラブ感が薄れはじめる兆候として、スキンシップの減少が挙げられます。

手をつないだり、肩に触れたり、恋人同士の頃のようなスキンシップを保てるといいですね!

2人きりの時間も大切に♡

ポイントは、2人で楽しめる時間を作ることです。

特別なことをしなくても、2人だけで共有できるものごとを見つけられると、ラブラブも長続きするでしょう。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)