好きな人ができると、その相手に「自分の気持ちを知ってほしい」とか「この気持ちに応えてくれたら……」と思うこともあるでしょう。

しかし、面と向かって好きとはなかなか言えないものだと思います。

そこで今回は、上手に好意を匂わせる方法をご紹介。

言葉をうまく使えば、ハッキリ告白しなくても、彼に想いを伝えられるはず。もしかしたら、告白されるかも……?

「さりげなさ」がポイント!男性に好意を伝える方法とは?

「◯◯が好き」

ストレートに「好き」とは伝えられないもの。しかし、別の人やモノに対してならば使えるのではないでしょうか。

たとえば、「私は△△が好き!〇〇くんは何が好き?」という風に、「好き」というワードを強調して使ってみてください。

相手に直接「好き」と言わなくても、このワードは心に残るもの。

相手のなかに「好き」を刷り込みつつ、あなた自身の「好き」を発するハードルを下げる効果も期待できます。

「でもそこが好き」

たとえばですが、相手が「手が小さいこと」を気にしているなら、「〇〇くんは手が小さいもんねー、でも私はそこが好き」、指摘した後に「好き」を入れるパターンです。

そこまでちゃんと見てくれているんだ……と感じてもらえるかもしれません。

恋心は、些細なところから火が付くものですからね。

「◯◯くんだけ!」

「◯◯くんにしか言わないけど」「◯◯くんが一番!」「◯◯くんには言っちゃうけど、私って実は……」

などなど、「特別感」を匂わせる言葉も有効です。

まず間違いなく、「えっ?俺って特別?」と意識することでしょう。

はじめから特別感を出してしまうと「誰にでもそう言ってるのかな?」と思われてしまいますが、ある程度の関係ができてから、急に特別感のある言葉を出されるとドキッとしてしまうもの。

今までの関係を変えたい、関係性をステップアップしたいときに、2人の空気感を変えるのにはおすすめな方法です。

「◯◯くんが夢に出てきたよ!」

彼が夢に出てきたことをさりげなく伝えると、その場では「へー。」と終わるかもしれません。

しかし、後からその言葉の意味に彼が気が付いたとき、「俺のことが好きなのかも」と気が付きます。

嫌いな人ならば、夢に出てきたことを相手には伝えませんよね。

言葉を上手に使いこなして

いずれの言葉も、大切なのは「特別感」。

相手にどれだけ「私にとって、あなたは特別な存在です」というメッセージを届けられるのか、にかかていると言ってもイイでしょう。

焦らずに少しずつ、距離を縮めていきましょう。

(只野/ライター)

(愛カツ編集部)