男性のなかには、年上の女性と一度は付き合ってみたいと思う人が多いようです。

普段、クールに決め込んでいる男性ほど、じつは年上の女性と恋愛を楽しんでいるのだとか。

そこで今回は、実際に年上の彼女を持つ男性から、年上彼女の魅力について聞いてみました。

お姉さんに甘えたい!「年上彼女」の魅力とは?

食事を「あーん」してくれる

「彼女の手作りご飯を食べるときのお楽しみがあります。たまに彼女に『あーんして♡』って頼むと、『仕方ないなぁ~』と、全部『あーん』で食べさせてくれるんです。

照れくさいけどやめられません。初めてできた年上の彼女、これからも甘え続けます」(25歳男性/営業)

食事を食べさせてもらう「あーん!」

仲良しカップルの間ではよく見られる愛情表現ですよね。

しかし、年下彼氏のなかには、食事全てを「あーん!」で食べさせてもらいたい人もいるようです。

彼氏からリクエストがあったときは、1口だけじゃなく、とことん付き合ってあげるのもよいでしょう。

膝枕をしてくれる

「5歳年上の彼女がいます。本当にお恥ずかしいんですが、彼女と自宅で過ごすときには、膝枕してもらいながらテレビを見ています。時には耳そうじをお願いすることも。

彼女のやわらかい太ももの上で耳そうじされるのが、いま一番至福の時間です」(26歳男性/金融関係)

彼氏に膝枕をしてあげた経験のある女性も多いのではないでしょうか。

ところが、膝枕だけでは飽き足らず、耳そうじまでしてほしいというのが年下彼氏の本音のようです。

なかには耳そうじもしてほしいけど、自分からは言い出せないという男性も。

膝枕をしてあげているときに「耳そうじもしてあげよっか♡」など、あなたから聞いてあげるときっと喜ばれますよ。

叱ってくれる

「僕、年上の彼女から叱られたくてたまんないんです。だから、靴下を脱ぎっぱなしにしたり、ボディタッチしてみたり、リビングのど真ん中に寝転んで叱られるのを待ってます(笑)

『もぉ~ダメって言ってるでしょ!』って叱る彼女の姿に萌えます」(26歳男性/アパレル)

叱られて嬉しい人なんていない……と思いきや、じつは女性から叱られたい願望がある男性って意外と多いのです。

ポイントは「怒る」のではなく、「叱る」こと。

年上の女性らしく上品に「もぉ~この子ったら、ダメでしょ!」的な愛情のある叱り方をすると、なぜか年下男性は喜ぶので試してみてくださいね。

彼女には甘えたいもの

年上の彼女に思いっきり甘えてみたいという男心、勉強になりましたね。

年下男性は女性が思うより、大胆な甘え行動を望んでいるようです。

でも、気恥ずかしさから、本当にしたいことを自分からは言い出せない男性もいるようです。

年下の彼氏ができたら女性から「ねぇ、どんなことしてみたい?」と聞いてみるのもおすすめですよ!

(愛カツ編集部)