彼氏の浮気を疑ったとき、すぐに問い詰めるだけが対応策ではありません。

というのも、グレーな状態で聞くと彼も本当のことは認めないですし、結局事実が分からないままモヤモヤして過ごす羽目になるからです。

それより、彼が浮気を後悔し、自分でやめるよう仕向ける態度を取ってみましょう。

そこで今回は、男性が浮気を後悔、反省するきっかけとなった彼女の態度について聞いてみました。

悔い改めさせる!男性が「浮気しなければよかった」と感じる女性の態度

健気な態度

「浮気相手と歩いているのを彼女と共通の友達に目撃され、チクられました。でも、彼女は『私は信じてるから』と伝えたらしく、僕には一切言ってこなかったんです。

その話を聞いて、『なんてことをしてしまったんだ』と浮気をものすごく後悔しました」(31歳男性/インテリア業界)

「浮気に気付かないフリ」が出来る女性って強いんですよね。彼から別れ話をしてこない間は、別れる気はないということ。

自分が別れなくてもいいと思っているのであれば、あえて浮気に触れないほうが気付かない間に解決していることもあります。

突然、行方不明に

「同棲している彼女にLINEを見られて浮気がバレたのですが、責めも怒りもされず、次の日に彼女の身の回りの品が消え、LINEもブロックされたんです。

彼女のことが心配で、友達経由で彼女に連絡をとってもらいどうにか解決しました。浮気相手のことなんてすっ飛びました」(23歳男性/美容師)

浮気がバレたとき、怒ったり泣いたりするよりもいきなり消えられた方が男性もパニックになり、「追いかけないと!」と彼女のことで頭がいっぱいになります。

下手に騒いでキレると、「彼女が怖いから距離を置こう」となってしまうこともありますが、逃げられると追いたくなってしまうんですね。

彼と別れずに付き合っていきたいなら、キレるよりもこちらから距離を置いたほうが彼が反省しますよ。

鋭い指摘

「飲み会で仲良くなった子と盛り上がってLINEで会う約束をしていたところ、態度に出てしまったみたいで『最近、なんか機嫌いいよね』と彼女に指摘されました。この鋭さだと浮気したら絶対バレると思ってビビリました」(25歳男性/広告関係)

「浮気」という漢字って、よく状況を示していると思いませんか?

新しい相手と出会って盛り上がっているときって、心が浮ついているのがどうしても態度に出てしまうんですよね。

とくに、浮気相手とLINEをしているときはニヤついている男性が多いです。

そんなシーンを見かけたら、「なにかいいことあった?」など優しく聞いて彼の良心に訴えましょう。

どうするかはあなた次第

浮気を責めて、そのときは彼も反省したとしても、一度起こった事実は消すことができず、その後の関係に響いてしまうこともあります。

我慢して付き合っていくことが正解だともいえません。結局は自分がどうしたいかです。

付き合い続けたいのか、別れたいのか、自分の気持ちとしっかり向き合うことが大切です。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)