恋に終わりはつきもの。

あなたは、彼氏の心が離れているとき、それを敏感に察知できますか?

突然別れを切りだされ、戸惑った経験もあるかもしれません。

そこで今回は、彼が恋に冷めた際にこっそり見せる隠れたサインを5つお伝えします。

その恋冷めかかってます!恋の終盤に男性が見せる隠れたサイン5つ

メッセージが丁寧な言葉遣い

LINEやメールのやり取りが丁寧になってくるのは、彼からの気持ちが冷めてきているサイン。

心の距離が遠ざかってしまったことがLINEやメールの文章として現れてくるのです。

すべてが丁寧になるというよりは、ちょっとした一言や一文だけが丁寧な表現に変わってきます。

変化が小さいので女性はなかなか気づかないのです。

速く食べ終わる

男性は恋に冷めてくると、何事も自分中心に考え始めるので気が利かなくなります。

たとえば食事の際、彼の方が速く食べ終わってしまうことが続いてきたら、冷め始めているサイン。

モテる男性であれば、女性の食事のペースに合わせる気遣いができるので、こうした自分中心の行動が出始めている場合は、とくに要注意です。

デートの後に予定を入れる

男性は、夢中であるうちは彼女との予定を優先します。

また、より深い関係になるために、デートの前後に予定を入れることはあまりしません。

一方で気持ちが冷めてしまうと、いわゆる普通のデートの流れの後に、すぐに解散するようになっていきます。

デート後になにかしらの理由ですぐに急いで帰ってしまう、そんなシーンが続いたら恋の危険信号です。

ボディタッチが減ってくる

男性は気持ちが冷め始めるとボディタッチなどをしなくなっていきます。

いわゆる恋人の距離感ではなく、友人・知人の距離感に戻っていくためです。

触れたいという欲求が弱まってきていること自体、気持ちが冷めてきているサインです。

分かりづらいので、わざとスキを作ってみてボディタッチしやすい状況を作り、そのときの彼の反応をテストしてみるといいでしょう。

昼間の短いデートが増える

昼間の短いデートが増えるということは、男性がお手軽なデートを増やしているということです。

気持ちが冷めてくると、デートの内容や行動も適当になってきます。

デート自体は続いているので、分かりづらいかもしれませんが、デートの時間帯は要チェックです。

恋の炎は風前の灯

今回お伝えしたサインが複数見られてしまうのなら、既に彼の恋の炎はかなり小さくなってしまっていて、消える寸前かもしれません。

このまま恋を続けるために手を打っていくのか、それとも新しい恋に踏み出すのかはあなたの自由です。

幸せな恋愛をするために、今回の記事をぜひ役立ててくださいね。

(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)