電話なら相手の声を直接聞けるので、お互いの距離をぐっと縮める効果があります。

テキストのやりとりよりも、相手の反応がわかりやすいからこそ、一気に親近感が増すのです。

しかし、やみくもに気になる相手に電話をすると、彼はめんどくさいと感じることも……。

今回は、失敗しない電話の秘訣をご紹介します。気軽に電話できる関係となり、距離を縮めてくださいね。

【一気に距離を縮める】気になる彼にさりげなく電話する方法とは?

短めの電話は好印象!

男性は、テキストのやりとりよりも、文字を打つ必要がない電話の方が楽だと考える傾向があります。

しかし、長電話となると「時間がもったいない」「疲れる」と考える男性がなかにはいるようです。

あなたとの電話は負担ではないと思わせるためにも、長電話するより、短めの電話をするのがいいでしょう。

たとえば、待ち合わせの前に「いまどこにいるの?」「もうすぐ着くよ!」などLINEで済むことをあえて電話で伝えるのもありです。

自然な流れで電話できますし、この小さなやりとりの積み重ねが、気軽に電話できる関係につながりますよ。

緊急の連絡は電話でする

もし、彼にいますぐ聞きたいことがある場合は、電話のチャンスです。

「もしもし、いきなりごめんね!前に話してたお店の名前ってなんだっけ?友達とそのお店に向かってるんだけど思い出せなくて……」といった内容も、緊急の連絡に使える手段です。

「今すぐ知りたいから電話した」というニュアンスが相手に伝われば、突然電話がきても違和感はありません。

また、用件が済んだらすぐに電話を切るのがポイントです。

電話の時間よりも回数を重ねたほうが、彼に負担を与えることなく距離を縮められますよ。

LINEから電話に切り替える

LINEのやりとりが続いて盛り上がっているときは、思いきって電話に切り替えるチャンスです。

時間差なくラリーが続いているのは、彼に時間の余裕がある証拠です。

こんなときには「いま電話してもいい?」とかわいいスタンプを添えて送ってみてはいかがでしょうか。

LINEのやりとりが続くのは、彼のテンションが高いことが多いので、会話がはずみやすく距離が縮まっていると実感できるはずですよ。

電話ではお願いする内容を

男性は、とりとめのないおしゃべりが苦手な傾向があります。

用件や目的をはっきりさせたほうが、男性は話を受け止めやすい傾向があります。

そのため、まだ関係が浅い場合は、「聞きたいことがあるんだけど……」といった感じで、彼を頼っておねがいする内容の電話をするのがオススメです。

用件を明確にすると、会話がスムーズですし警戒されることはないはずですよ。

電話で上手に距離を縮めよう

好きな人に電話をするのは、緊張しますよね。

だからこそ、相手に「気軽に電話できる関係=親しい相手」と印象づけられるのです。

今回ご紹介した内容を参考に、電話で上手に彼と距離を縮めてくださいね。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)