合コンやイベントで知り合った男性とLINEを交換することってありますよね。

彼が「連絡するね」って言うから待ってたのに、全然LINEが来ない!

または、最初に軽くやり取りをして以来、なにもLINEが途切れてしまった!

そんな経験をしたことがある女性も多いはず。

そこで今回は、意中の彼への「久しぶりLINE」のコツをご紹介します。

関係を進展させたいけど、どんなLINEを送っていいか分からない!そんな女性は必見ですよ。

【男性に聞いてみた!】意中の彼への「久しぶりLINE」のコツは?

「教えてください」系のLINEを送る

「自分の得意分野について、『○○について聞きたいんですけど』っていうLINEが来ると、つい丁寧に対応したくなります

この前は新しいパソコンを買いたいって言われて、一緒に買いに行ってデータ移行まで全部してあげました」(29歳男性/SE)

彼にあまり脈を感じなければ、いきなり恋愛っぽい話題を出すより、彼の得意分野について質問するのが効果的です。

やり取りが自然に始まりますし、ご紹介した彼のように、2人きりで会う約束もしやすくなるかもしれません。

どの子か思い出させる

「正直、合コンのときって複数人と一気にLINE交換するから、いまいち相手をよく覚えてないんですよ。
下手に送って、相手を間違えても嫌だし、面倒だからわざわざ送らないっていうのも結構あります」(25歳男性/アパレル)

自分からのLINEで「昨日は楽しかったですね」など、無難な内容をおくる女性は要注意かも。

もしかしたら、彼は「この子誰だっけ?」とよく分かっていない可能性もあるからです。

そんなときは「前の席に座っていて、○○の話をした人です」など、彼が思い出しやすい話題をサラッと入れるのがオススメ。

すると「他の子と違う!」と一目置かれやすく、その話題からデートのお誘いにつながることもありますよ。

「今度○○連れて行ってください」と送る

気にせず「今度○○連れて行ってください」と送る

「男からLINEで連絡しないってことは、ぶっちゃけそこまで興味がないってことだと思う。
だから自分からわざわざ誘わないけど、もし女性から誘われたら普通に行くと思いますよ」(28歳男性/広告)

デートの誘いって、プランを考えたりお店を予約したりと、手間がかかりがち。

そのため、ハードルが高くなり気軽に誘えない、という意見もあります。

でも、女性からデートに誘ってくれたうえ、具体的な行先まで伝えてくれたら、そのハードルがグッと下がります。

よほど、お金のかかるデートなどではなければ、お誘いにのってくれる確率は、格段に上がるでしょう。

LINEをうまく使って逆転を!

男性からLINEが来ないということは、たしかに現時点では、そこまで興味を持たれていない可能性は高いです。

でも、実際に会ってみたら「やっぱりこの子いいかも!」となるケースもあります。

気になる相手なら、ダメ元でもLINEを送ってみましょう!

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)