気になっている彼とは、やっぱりLINEを続けたいと思うもの。

でもその思いが強すぎて、空回りしちゃってる女性が多数!

よかれと思ってやっていることが、彼には「痛い」と思われて、あきれられてるかもしれません。

そこで今回は、あるあるな「やばいLINE」をご紹介します。

痛すぎるよ!あるあるな「やばいLINE」3選

疑問文が多すぎる

コミュニケーションが大事とはいえ、相手のことばかり聞きたがるのもまた問題です。

LINEがすべて疑問文で、相手に答えさせることばかりとなると、男性の方も疲れてしまうでしょう。

疑問文ばかりで攻める女性心理には、必ず返事がほしいという気持ちがこめられていると思いますが、男性からすれば「返さなきゃいけいない」というプレッシャーでちょっと息が詰まってしまいますよね。

男性の方も女性が返事を欲しがっているから、疑問文でLINEを送ってくるということはわかっているはずです。

でも、その期待やプレッシャーも同時に重荷と感じるようですよ。

こちらもやっぱり言葉のキャッチボールが大事ですね。

無理やり質問につなげず、時には自分のことも話したり、空気を読んだりして会話を終わらせるのも大事。

自分の話しかしない

「今日は◯◯で〇〇を食べた~」「◯◯ちゃんとお揃いで〇〇買っちゃった」などなど、とくに男性が聞いてもいないのに、いつも自分のことばかりLINEする人は要注意!

送る側は無意識かもしれませんが、「私が」「私が」というアピールに見えて、男性もちょっと引いてしまうようです。

なかには、「自分のことばかり発信してると、アイドルと勘違いしてるのかと思う」なんて厳しい意見も。

コミュニケーションは言葉のキャッチボールです。

一方通行で自分のことばかり発信すれば、共感したり同情したり、そういった感情は生まれません。

時には相手のことを気づかう言葉なども投げかけて、2人でやりとりをするような、コミュニケーションを楽しんだほうがいいですよ。

即レスすぎる

LINEで返事をしたらすぐ既読になり、まるでチャットのように返事が返ってくる……。

レスが早いのはありがたいですが、あまりにこれが続くと「この子ずっとLINE確認してるのかな」って思うそうです。

好きな彼女ならかわいいって思えることも、まだそういう段階でない男性にとってこれは重い!

重いを通り越して、恐怖すら感じてしまう人もいるのだとか。

たとえ彼に対する思いが強くても、まだ相手はあなたのことが好きかどうかもわかりません。

いきなり近づいたら、男性だってビビってしまいます。最初からアクセル全開はキケンです。

一方的になりすぎないように

気になる彼とはいえ、相手はどう思っているのかはわかりません。

温度差が違うので、一方的に攻めていくのは逆効果です。少しずつ距離を詰めていかないと、うまくいく相手でも警戒されてしまいますよ。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)