告白しなくても、きっと彼も私のことが好き……という幸せな展開は、なかなか起きないものです。

「好き」という気持ちは、相手にしっかりと伝えましょう。

伝えないまま気持ちだけ募らせていると、相手に誤解を与えてしまう可能性もあります。

それはいったい、なんでしょうか?

そのアプローチ本当に伝わってる?誤解されてしまうと…【NGテクニック】

好きな人をじろじろ見る

好きな人を見かけると、つい目で追ってしまうこともあるでしょう。

じつは、男性もその視線に気づいているようです。

もしもなにも思っていない女性からじろじろと見られたら、彼はどう思うでしょうか?

まさか俺のことを好きでずっと見ている……と好意的に受け取ってもらえるでしょうか?

自分の視線をプラスに感じてもらうためにも、相手に好意をにおわせることは、とても重要なのです。

好意がわかりにくいアピール

好意をアピールするときは、わかりやすさが大切です。

彼だけでなく、周りもなんとなく察する方がちょうどいいのです。

いろいろ試行錯誤するよりも、「〇〇くんだけだからね!」といった特別感をアピールしてみましょう。

なぜ逆効果なの?

興味のない男性からの視線を感じて、げんなりしたという経験のある女性も多いでしょう。

同じように男性も、女性からの好きなのかなんなのかわからない視線や行動に敏感です。

好意を示さないまま近寄り、2人きりになろうとすると、「なにかあるはず……」と警戒されてしまう可能性があります。

告白は確信を持てないもの

誰だって「告白しても絶対に大丈夫!」という確信を持てないものです。

その不安を乗り越えて告白するからこそ、付き合えるようになるし、2人で楽しい時間を共有できるのです。

彼のことが好きなら目で追うばかりじゃなくて、しっかりアプローチしましょう!

良いことは伝わりにくい

うわさ話など悪いことは簡単に伝わってしまういっぽうで、良いことはあまり広まりません。

それは恋愛においても同じです。

男性は、興味のない女性からアプローチされてもなにも思わないもの。

相手に好意や特別感をにおわせることで、初めて気にかけてくれるのです。

(只野/ライター)

(愛カツ編集部)