夜、どうしても気持ちが落ち着かないこともあるでしょう。

だからなのか、深夜のLINEには失敗が多いみたい……

あなたもこんなダメLINEを送っていませんか?後悔しないためにも、ぜひチェックしてみてくださいね。

【深夜はやめて】男性が「嫌がるLINE」とは?

長文LINE

深夜の過ごし方は人それぞれ。そして、日によっても変化します。

たとえ暇だったとしても、ゆっくりDVDを見たい日もあれば、ボーっとして、うとうと眠りにつきたい夜だってあるでしょう。

そんな「今日の彼のテンション」がわからない以上、いきなりの長文LINEはNG。

多かれ少なかれ、夜は疲れているもの。

急に長文が届くと、「これに返信するのか……」とうんざりされてしまいます。

長文を送る際には、彼のテンションを見極めてから送るようにしましょう。

追いLINE

深夜に「起きてる?」と送って既読になったら、返信を期待してしまうもの。

しかし、既読がついたとはいえ、寝ぼけながら見ている可能性もあります。

そんなときに、「ねえ!」「返事して」なんて追撃連投されると、寝ている彼を起こしてしまうことに……。

そもそも追撃連投LINEは、相手に「すぐに返さなきゃ」というプレッシャーを与えてしまいます。

深夜はとくに相手の様子がわからないので、用事がないなら、送らないのが正解。

送ってしまったなら追撃は絶対NGと心得ておきましょう。

お悩み相談LINE

長文LINEと同様、眠れない予感をさせてしまいます。

そもそもLINEだと、文章からニュアンスをくみ取るのが難しく、内容がうまく伝わらない可能性があります。

どうしても相談が必要な場合は、「長くなる」ことと、「深い悩み」であることをきちんと先に伝えて。

できることなら、LINEで会う約束をして直接話すのが正解です。

答えにくいLINE

「暇?」と聞かれた場合、「暇かどうかは要件による」と思うことはありませんか?

自分の時間を満喫している場合は、「あなたとのLINEを楽しむテンションではない」ということもあります。

とくにやましいことがなくても、自分の状況を探られている感じを受けて嫌がる人も……。

そこはきちんと「いまLINEしても大丈夫?」となど、相手に断れる余地を与えてあげましょう。

深夜には送らないのが一番

深夜のLINEは送らないのが賢明ですが、どうしても送りたくなった場合には、きちんと相手の状況を配慮するようにすること。

「疲れてない?」と一言添えるだけでも、随分印象がちがいます。

変なLINEを送ってしまった場合は、変な言い訳をせずに素直に謝ることも大切ですよ。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)