自分は楽しかったのに、知らないうちに男性をイラつかせていたらショックですよね……

もしかしたら、あなたのちょっとした行為が男性をイラつかせているかもしれません。

ありがちな行為を集めてみたので、ぜひ今後に活かしてくださいね。

男性がイラっとする…デートで「やってしまいがちな行動」とは?

待たせているのに電話する

同時に行ったとしても、男性が女性を待つことになりがちなのが「トイレ休憩」。

そんなとき、ベラベラ電話しながらトイレから出てくると「こっちは待ってるのに!」と、印象がかなり悪くなります。

トイレから出たら、少し駆け足で彼のほうへ。

そして「おまたせ~!」とひとこと追加すれば、かわいく見えて、印象もよくなりますよ。

何度も立ち止まる

デート中は、歩きながらいろんな会話を楽しめるもの。

いろんなものを見たり、見つけたりしたときも、会話のきっかけにすることができますよね。

ただ、「ねぇねぇ!あれ見て!」と、何度も立ち止まってしまうと、相手の男性をイラッとさせてしまうかも。

2~3回まではかわいいものですが、頻繁にするのはNGです。

また、友達から来たLINEを返信しようとして、スマホをいじりながら「ちょっとまって!」と、立ち止まるなどもなるべく避けるのが賢明です。

どうしても返信する必要があるときには、手早く返信しましょう。

そして、相手の顔をしっかり見て、「ごめんね」のひとことをお忘れなく!

自分の話ばかりする

自分の話ばかりする

女性は男性よりたくさんしゃべるものですし、楽しく話している姿を見るのも、男性は嬉しいものですが……。

あまりに一方的に、自分の話ばかりするのは考えもの。

とくに、相手の男性が話しているのをさえぎってまで、自分が話してしまうことがないよう、要注意です。

また、女同士でのおしゃべりならよくても、突然関係のない話に突っ込んだり、コロコロ話題を変えたりするようなトークは控えるのが◎

ひとつの話題をじっくり話す会話のほうが、男性のウケはいいことが多いようです。

理想の男性像を押し付ける

「男ならリードしてよ~」や、「男ならハッキリいって!」など、自分の理想の男性像を押し付けるのは絶対にNG。

数回、冗談交じりにいうのであれば、ユーモアとして受け取ってもらえますが、ほどほどにしておくこと。

相手の性格や人格まで否定してしまうことがないよう気を付けておきましょう。

「あ、その気持ちわかるかも」「なかなか勇気が要りますよね」など、相手の不安や緊張にも気遣いを示しつつ、「○○してもらえたら嬉いかも!」など、自分の理想を伝えてみるといいかもしれません。

少し気を付ければ最高のデートに!

デート中は、自分目線で行動しないよう要注意。

同じ言動をするにしても、ちょっとしたひとことを付け加えることで、好印象になるでしょう。

相手がどう感じているかを思いめぐらし、丁寧なコミュニケーションを心がけましょう。

そうすれば、2人にとって最高の一日になるかもしれませんね♡

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)